スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

性的虐待を受けた小児と青年に対する精神分析療法は有効か?  

Campbell Libraryの系統的レビューの結果から(2013年11月4日発表)

性的虐待を受けた小児と青年に対する精神分析的/精神力動的心理療法:系統的レビュー

Psychoanalytic/Psychodynamic Psychotherapy for Children and Adolescents Who Have Been Sexually Abused: A Systematic Review

Ben Parker, William Turner

原文はこちら


背景:

小児と青年に対する性的虐待は、世界的に深刻な問題であり、被害者に心理的、社会的、身体的に好ましくない影響をもたらす。

こういった影響は、性的虐待の直後に認められる場合が多いが、後年、成人期になってから現れる場合もある。

性的虐待を受けた小児と青年を援助するための介入は数多くあるが、精神分析的/精神力動的心理療法が長年にわたって慣習的に性的虐待の被害者に対して行われてきた。

本レビューでは、精神分析的/精神力動的心理療法が、特に性的虐待を受けた小児と青年に有効であるというエビデンスを見いだすことを目的とした。

目的:

性的虐待を受けた小児と青年に対する精神分析的/精神力動的心理療法の有効性の評価。

検索方法:

2013年5月に以下のデータベースを検索した。
CENTRAL、Ovid MEDLINE、Embase、PsycINFO、CINAHL、Sociological Abstracts、Social Science Citation Index、Conference Proceedings Citation Index - Social Science and Humanities、LILACS、WorldCat。

また、3つの試験登録を検索し、関連する研究論文の参考文献リストを確認、著名な専門家と連絡をとった。

選択基準:

介入前のいかなる時期でも性的虐待を受けたことのある18歳までの小児と青年を対象に、精神分析的/精神力動的心理療法と通常治療または無治療/待機リストの対照群と比較した無作為化試験および準無作為化試験。

データ収集と解析:

レビュー担当者(Ben ParkerとWilliam Turner)が独立して検索結果を審査し、適格基準に合致した研究を同定した。

結果:

本レビューの選択基準を満たした研究は同定されなかった。

著者らの結論:

性的虐待を受けた小児と青年を対象に、精神分析的/精神力動的心理療法と通常治療、無治療または待機リストの対照群と比較した無作為化試験および準無作為化試験はなかった。

それゆえ、この集団における精神分析的/精神力動的心理療法の有効性に関しては、どのような結論も導き出すことはできない。

この欠落は重大である。またこの欠落は、この集団における精神分析的/精神力動的心理療法の有効性に関して、さらに研究を行う必要性を強調するものである。

このような研究は、理想的には、方法論的に質の高い、大規模な無作為化比較試験の形式で行われるべきである。

このような研究が実施されない場合、このテーマに関する将来の系統的レビューでは、重要な研究を見落すのを避けるために、無作為化比較試験以外のより質の低いエビデンスを含めることを検討する必要が出てくるだろう。

スポンサーサイト

Posted on 2014/02/12 Wed. 16:51 [edit]

category: Campbell Library

tag: 性的虐待  精神分析  小児  青年 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/6-89e26215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。