スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

傍観者の行動がいじめのリスク因子の影響を緩和  

様々な教室環境でのいじめられやすい児童:傍観者の行動がいじめのリスク因子の影響を緩和

Vulnerable children in varying classroom contexts: Bystanders' behaviors moderate the effects of risk factors on victimization.

Karna, A., Voeten, M., Poskiparta, E., & Salmivalli, C. (2010).

Merrill-Palmer Quarterly: Journal of Developmental Psychology, 56, 261-282.

原文はこちら


本研究では、いじめが生じている状況での傍観者の行動が、いじめられやすい児童のリスクに影響を与えているかどうかについて検討した。

小学校77校、378クラスの3~5年生の6,980人の児童を対象とし、学校のコンピューター・ルームで、インターネット・ベースの質問票に回答させた。

マルチレベル・モデルの結果、いじめと2つのリスク因子(社会不安と仲間の拒絶)との間の関連は、いじめを強化するレベルが高く、いじめられている児童を守る傾向が低い教室で最も強いことが示された。

このことから、いじめが生じている状況での傍観者の行動が、個人および対人間のいじめのリスク因子の影響を緩和することが示唆される。

傍観者の行動に影響を与えることが、いじめられやすい児童をいじめから守る有効な方法となる可能性がある。
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/26 Sun. 04:10 [edit]

category: 教育

tag: いじめ  傍観者効果 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/54-dfccba4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。