スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

癌患者における疲労感と抑うつの長期的な関係  

Health Psychology誌(2013年12月)から

抑うつまたは疼痛、あるいはその両症状が認められる癌患者における疲労感と抑うつの長期的な関係

Longitudinal relationships between fatigue and depression in cancer patients with depression and/or pain.

Brown LF, et al. Health Psychology, Vol 32(12), Dec 2013, 1199-1208. doi: 10.1037/a0029773

原文はこちら


目的:

疲労感は、癌患者の訴えの中で最もよく見られる消耗性の症状の1つであるが、その原因については他の症状と比べるとほとんど解明されていない。

最近、研究者らが癌に関連した疲労感(CRF)に着目し始めたところ、CRFと最も強く相関するものとして抑うつが浮かび上がってきた。

しかし、この2つの症状の関係の方向性について検討した縦断研究はほとんどない。

そこで本研究では、抑うつとCRFの関係の方向性を評価することを目的とした。

方法:

本研究では、癌患者の不均一な標本で疼痛と抑うつへの介入を行った無作為化比較試験から得た縦断的なデータ(329例)を対象とし、単一コホート・デザインを用いた。

被験者は、臨床的に有意な疼痛および/または抑うつの基準に合致していた。

抑うつが3ヵ月間の疲労感の変化を予測するだろうという仮説を、latent variable cross-lagged panel analysis(試訳:潜在変数交差遅延パネル分析)を用いて検討した。

結果:

抑うつ症状と疲労感は、この標本では強い相関が認められた(ベースラインの潜在変数の相関関係=0.71)。

モデルのデータとの適合度は高かったが(χ(2) (66、N = 329)= 88.16、p = .04、SRMR = 0.030、RMSEA = 0.032、CFI = 1.00)、抑うつと疲労感を結ぶ構造的パスは有意ではなかった。

このことから、一方の症状が、他方の症状に先行し、それを予測してはいないことが示唆される。

結論:

今回の結果から、抑うつ症状と疲労感の関係の方向性に関する仮説は支持されなかった。

この臨床的意義としては、抑うつに特異的な治療はCRFの治療には十分ではなく、その代わりに特に疲労感を対象とした介入が必要であることが挙げられる。


スポンサーサイト

Posted on 2014/02/12 Wed. 01:45 [edit]

category: pickup_Health Psychology誌

tag:   疲労  うつ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/5-41bbd564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。