スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

検査結果を早めに患者にフィードバックしても、患者の安心感は向上せず  

Health Psychology誌(2015年3月)から

診断検査後の早い段階での結果のフィードバックは患者の安心感を高めるか?:心臓の検査を受けた患者を対象とした無作為比較試験

Does the early feedback of results improve reassurance following diagnostic testing? A randomized controlled trial in patients undergoing cardiac investigation.

Patience A, et al.

Health Psychology, Vol 34(3), Mar 2015, 216-221.

原文はこちら

目的:

患者を安心させることは、多くの場合、医療相談の重要な要素の1つである。

医学的な検査結果のフィードバックの遅れは患者の安心感にどのような影響を及ぼすか、という問題は重要なテーマであるが、これまでの研究では取り上げられてこなかった。

本研究では、検査直後という早い段階で正常という診断結果をフィードバックすることが、4週後に結果を通知するよりも患者の安心感を高めるかどうかについて検討した。

方法:

縦断的な無作為比較試験を行い、1ヵ月にわたって追跡した。

心疾患の既往がなく、心エコー検査のために紹介された51例の循環器科の外来患者を、検査直後または4週後に心臓病専門医から正常という検査結果を受ける群に無作為化した。

診断検査前に症状、不安および健康感について測定した。

安心感は結果のフィードバック直後と1か月後に評価した。

結果:

データ解析により、検査結果の早期のフィードバックは、患者の安心感に影響を及ぼしていないことが示された。

心臓に対する不安は、安心感の低さと強く関連していた。

心臓に対する不安の強い患者では、フィードバック直後でも1ヵ月後でも、正常な検査結果による安心感が有意に低かった。

結論:

検査結果の早期のフィードバックは患者の安心感に影響を及ぼしていなかった。

本研究の結果から、検査結果を待つ時間を短縮することよりも、心臓に対する不安の高い患者を同定し、援助の対象とする方が、患者の安心感を高める有用な方法になり得ることが示唆された。

スポンサーサイト

Posted on 2015/02/25 Wed. 20:56 [edit]

category: 2015年3月号_Health Psychology誌

tag: 無作為化試験  安心感 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/44-8dbc4e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。