スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

元小児癌患者に対する心理学的介入の有効性  

Health Psychology誌(2015年2月)から

元小児癌患者に対する心理社会的介入、ヘルス・プロモーションおよび神経認知的介入:系統的レビュー

Psychosocial, health-promotion, and neurocognitive interventions for survivors of childhood cancer: A systematic review.
Brier MJ, et al.

Health Psychology, Vol 34(2), Feb 2015, 130-148.

原文はこちら

目的:

元小児癌患者は、治療終了後も多くの医学的および心理社会的な脆弱性に対処する必要がある。

これら元患者での有害な転帰を抑制または予防するための介入が発展してきている。

この系統的レビューでは、元小児癌患者に対する心理社会的介入、保健行動への介入、神経認知的介入の有効性についてまとめる。

方法:

複数のデータベースによって、1970年1月~2013年6月までに発表された研究を検索した。

2名の評価者が、Effective Public Health Practice Projectの質的アセスメント・ツールを用いて、研究の方法論的な質をコード化した。

結果:

24個の介入が同定された(心理社会的介入が7個、保健行動への介入が10個、神経認知的介入が7個)。

11件が対照試験で、そのうち中等度から大きな効果量に達していたのは7件であった。

(元患者の介入への)同意率で示した元患者の関心は、通院などの移動を必要としない介入で高かった。

結論:

介入の提供方法は従来のカウンセリングからコンピュータによるものまで様々であったが、それらの介入には中等度から高い有効性と利点の再現性が認められた。

元患者は、成人向けの保健医療への移行と学校への復学に関連するニーズをもっているが、既存の介入はこのニーズに取り組んでいなかった。

また、本レビューにより、幼児期中期と青年期後期の元患者では保健行動への介入が行われていないことが明らかにされた。

さらなる検証のために、費用対効果に優れ、利用者の負担を減らす介入形式が優先されるべきである。

介入の範囲や魅力を広げるために、携帯電話のソフトウェア・アプリケーションなど他の提供方法が評価されるべきである。

スポンサーサイト

Posted on 2015/02/20 Fri. 00:22 [edit]

category: 2015年2月号_Health Psychology誌

tag:   小児  心理学的介入 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/35-3e1f5359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。