スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

遺伝に関するヘルスリテラシー測定尺度のスペイン語版の妥当性検証  

Health Psychology誌(2015年2月)から

遺伝に関するヘルスリテラシー・スクリーニング・ツールのスペイン語への翻訳と妥当性の検証

Translation and validation of a Spanish-language genetic health literacy screening tool.

Rodriguez SA, et al.

Health Psychology, Vol 34(2), Feb 2015, 120-129.

原文はこちら

目的:

不十分なリテラシーと医療サービスの利用不足は、マイノリティの医療格差と関連しており、これは特にラテンアメリカ系の住民集団にとって重要と思われる。

遺伝学の重要性の高まりを踏まえると、遺伝に関するヘルスリテラシーをアセスメントすることによって、この社会的に弱い立場にある集団へのサービス向上に今後の努力が向けられる可能性がある。

本研究では、遺伝に関するヘルスリテラシー測定尺度をスペイン語に翻訳し、その妥当性を検証することによって、この領域に貢献することを目的とした。

方法:

本研究は、面接者の評定による質問票の実施を含む横断的研究であった。

被験者は、18~75歳で、第一言語がスペイン語と自己報告したメリーランド州のラテンアメリカ系住民を適格とし、便宜的サンプリングによって募集した。

遺伝に関するヘルスリテラシー測定尺度の構成要素は、既存の英語版の測定尺度[Rapid Estimate of Adult Literacy in Genetics (REAL-G)(Erby, Roter, Larson, & Cho, 2008)およびGenetic Literacy and Comprehension(Hooker et al. 2014)]から作成した。

既存のスペイン語による全般的なヘルスリテラシー測定尺度[SAHLSA(Lee, Bender, Ruiz, & Cho, 2006)]を用いて、予備的な併存的妥当性を確認した。

結果:

116名が質問票に回答した。

スペイン語版のREAL-G(REAL-G-Sp)とSAHLSAの相関は高かった(ピアソンのr=0.77、p<0.01)。

59点(62点のうち)をカットオフ・スコアとしたところ、遺伝に関するヘルスリテラシーの高い集団と低い集団が、86%の感度と71%の特異度で識別され、参加者の28%は遺伝に関するヘルスリテラシーが不十分と同定された。

結論:

REAL-G-Spには、メリーランド州のラテンアメリカ系住民集団において、既存のヘルスリテラシー測定尺度との予備的な併存的妥当性が認められた。

情報がスペイン語で提供された場合ですら、この集団のかなりの割合が遺伝に関するヘルスリテラシーが不十分であると予測される。

スポンサーサイト

Posted on 2015/02/19 Thu. 17:08 [edit]

category: 2015年2月号_Health Psychology誌

tag: 遺伝情報  ヘルスリテラシー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/34-d60a8ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。