スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

容姿に対する否定的な評価が皮膚癌のリスクを高める:米国の研究から  

Health Psychology誌(2015年1月)から

アメリカ人男女では、容姿に対する否定的な評価が皮膚癌のリスク行動と関連

Negative appearance evaluation is associated with skin cancer risk behaviors among American men and women.

Blashill AJ, et al.

Health Psychology, Vol 34(1), Jan 2015, 93-96.

原文はこちら

目的:

本研究では、男女の被験者を対象に、容姿に対する評価と皮膚癌のリスク行動との関連を検討することを目的とした。

方法:

1,535名(男性:873名、女性:662名)のデータを、米国の青年と若年成人の全国的な代表的かつ縦断的なデータセットであるWave 4 of the National Longitudinal Study of Adolescent Healthから抽出した。

結果:

皮膚癌のリスク(すなわち、重度の日焼けの経験がある個人および日焼け止めを用いる傾向が低い個人の屋外で過ごす時間)は、性別、容姿に対する評価およびこの2つの相互作用と有意に関連していた。

男女ともに、自分の容姿を否定的に評価している個人では、皮膚癌のリスクが有意に高く、この結果は特に男性にあてはまった。

結論:

容姿に対する否定的な評価は、皮膚癌の発症リスクを高める行動と関連すると思われる。

今後の研究では、容姿に基づく評価に正面から対処する皮膚癌の予防的介入を検討することが有益であろう。

スポンサーサイト

Posted on 2015/02/17 Tue. 18:27 [edit]

category: 2015年1月号_Health Psychology誌

tag:   疾患リスク 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/31-3afeb0fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。