スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

転移性乳癌患者では抑うつ症状が社会活動や娯楽活動を阻害  

Health Psychology誌(2015年1月)から

転移性乳癌の女性における活動の阻害と抑うつ症状

Activity disruption and depressive symptoms in women living with metastatic breast cancer.

Low CA, Stanton AL

Health Psychology, Vol 34(1), Jan 2015, 89-92.

原文はこちら

目的:

乳癌の女性は、抑うつのリスクが高く、早期の乳癌女性では、重要な活動が癌によって阻害されている程度と抑うつ症状との間に関連が認められる。

この関連は、癌がステージIV(転移性)の女性では検討されておらず、この関係の時間的な方向性は不明なままである。

本研究の目的は、ステージIVの乳癌女性の標本において、癌による社会的活動および娯楽活動の阻害と患者の自己報告による抑うつ症状の縦断的かつ相互的な関係を検討することであった。

方法:

被験者は、転移性乳癌と診断された103名の女性であった。

研究参加時(T1)と追跡3ヵ月(T2)の抑うつ症状と活動の阻害について測定した。

結果:

研究参加時の活動の阻害は、抑うつ症状全体またはネガティブな感情や身体症状での変化を有意に予測していなかったが、ポジティブな感情の低下は予測していた。

研究参加時の抑うつ症状全体は、活動の阻害の上昇を予測していた。また、ネガティブな感情の症状も活動の阻害の上昇を予測していた。

結論:

転移性乳癌の女性では、抑うつ症状、特に悲哀などのネガティブな感情の症状が社会的活動や娯楽活動の阻害を悪化させる可能性がある。

さらに、癌による活動の阻害は、ポジティブな感情の低下を引き起こす可能性がある。

本研究の結果から、抑うつ症状特有の布置を検討することの重要性が明らかとなった。また、ステージIVの癌患者では、重要な活動を維持することが、生活の楽しみを保つ助けとなることが示唆される。

スポンサーサイト

Posted on 2015/02/17 Tue. 18:01 [edit]

category: 2015年1月号_Health Psychology誌

tag:   うつ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/30-70b5ba2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。