スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

健康食品は控え目なメッセージの方が選ばれやすい  

Health Psychology誌(2015年1月)から

食物の選択に対する控え目あるいは明示的な保健メッセージの効果。

Effects of subtle and explicit health messages on food choice.

Wagner HS, et al.

Health Psychology, Vol 34(1), Jan 2015, 79-82.

原文はこちら

目的:

食物に健康というラベルをつける場合、控えめな言い回しではなく、はっきりした表現を用いると、好きなだけそれを食べてしまう、その食物は味がまずいと思い込む、あるいはリアクタンスを引き起こすといった行動が生じる可能性がある。

本研究では、2つのフィールド調査で、個人の食物選択に対する明示的または控え目な保健メッセージの効果について検討した。

方法:

健康食品のラベルを以下のように操作した。この食品は健康に良いと明示したラベル、イメージで控え目に示唆したラベル、健康に関する言及のないラベル(対照条件)。

学術会議の参加者が受付に近づいて、選んだスナックの個数と種類を研究アシスタントが記録した。

結果:

参加者は、明示的な保健メッセージよりも、控え目な保健メッセージのラベルがついた健康食品を選ぶ傾向が高かったが、控え目なメッセージは対照条件よりも効果的ではなかった。

結論:

健康に良いスナック食品を選択するよう促す場合には、控え目なメッセージの方が、明示的な保健メッセージよりも有用と思われる。

スポンサーサイト

Posted on 2015/02/16 Mon. 16:40 [edit]

category: 2015年1月号_Health Psychology誌

tag: 保健メッセージ  健康食品 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/28-b0b87268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。