スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

複雑な精神障害では短期の治療より長期の精神分析療法が効果的:新たなメタ解析の結果から  

Psychodynamic Psychiatry誌(2013年秋)から

長期の精神力動的治療に関する新たなエビデンス

The emerging evidence for long-term psychodynamic therapy

Leichsenring F, et al.

Psychodynamic Psychiatry: Vol. 41, No. 3, pp. 361-384.

原文はこちら


特定の精神障害における短期の精神力動的精神療法(STPP)と長期の精神力動的精神療法(LTPP)の有効性を支持する無作為比較試験(RCT)によるエビデンスが増加している。

最初の一連のメタ解析では、LTPPは、特に複雑な精神障害では短期の精神療法よりも優れることが示された。

しかし、このLTPPのエビデンスには異議が唱えられている。

この提起された懸念への取り組みが行われたが、その後Smitら(2012)による最近のメタ解析で、再びLTPPの有効性に異議が唱えられている。

方法:

方法論的な観点から、Smitらのメタ解析に対して批判的に解析した。

さらに、本研究では、これまでのメタ解析には含まれていなかった試験を追加して、新たに2つのメタ解析を行った。

本研究の目的は、これまでのメタ解析の結果が安定したものであるか否かについて検討することであった。

結果:

Smitらによるメタ解析では、実際のところ、異なる選択基準によって、LTPPと他のタイプの長期の精神療法が比較された。

したがって、Smitらが示した本質的なものは、LTPPの効果は、他のタイプの長期的な治療と同等であったということである。

そのため、Smitらによるメタ解析は、LTPPは短期の精神療法よりも優れることを示した過去のメタ解析の結果に異議を唱えるものではない。

また、Smitらのメタ解析では、いくつかの方法論的な欠点が認められた。

本研究で行った新たなメタ解析では、これまでの結果との有意な違いは見いだされなかった。

複雑な精神障害では、LTPPが短期の治療よりも有意に優れることが立証された。これは、これまでのメタ解析の結果を裏づけるものである。

結論:

量‐効果関係に関するデータから、慢性精神障害やパーソナリティ障害などの複雑な精神障害患者の多くでは、短期の精神療法では不十分であることが示唆される。

これらの患者には長期的な治療が適応されるだろう。

本研究のメタ解析は、複雑な精神障害患者においてLTPPをさらに支持するものであった。

それでもやはり、LTPPと他の長期的な精神療法に関してさらなる研究が必要とされる。

スポンサーサイト

Posted on 2015/01/25 Sun. 01:50 [edit]

category: 精神分析の効果

tag: 精神療法  精神分析  メタ解析  治療効果 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/23-a5f2b5c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。