スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

心理学的介入に関する臨床研究について  

以下の記事を読むと、心理学的介入に関する臨床研究の問題点(特に日本)について考えざるを得ない。


医療従事者向け医療情報サイトm3.comの記事より抜粋(閲覧には会員登録が必要)
https://www.m3.com/



以下抜粋引用。
-----------

3月21日に東京都内で第78回日本循環器学会学術集会が開催された。

降圧剤の論文不正問題が相次いでおり、それを受けて「循環器診療ガイドラインと日本のEBM~信頼を取り戻すために~」をテーマとしたセッションが行われた。


座長の横浜市立大学市民総合医療センター心臓血管センター部長の木村一雄氏は、臨床研究に未熟な研究者が大規模臨床研究を手がけることが、昨今の不正問題の背景にあると指摘。


同じく座長の東京大学医学部附属病院臨床研究支援センター・センター長の山崎力氏も「エクセルでデータを集めれば、誰でも研究ができると考えることが、今の結果になっている」とコメントした。


日本の場合、日常診療がメーンで、臨床研究はともすれば片手間で実施されることが多いが、浜松医科大学臨床薬理内科教授の渡邊裕司氏は「日本では日常診療がミッションで、臨床研究はお荷物とされる。しかし、臨床研究を通じ、次世代のために新しい医療を作ることも医師のミッション」と指摘。


国立循環器病研究センター臨床研究部部長の北風政史氏も「今、なぜ医師・医療関係者・医学研究者が臨床研究をしなければいけないのか」と問いかけ、「臨床研究・治験は、医師個人の学問的興味で行う基礎研究とは異なり、医師のなすべき責務だと認識すべき」と強調。


日本医科大学武蔵小杉病院循環器内科部長の佐藤直樹氏からは「より良いジャーナルに論文を書くことが目的ではない。患者のために臨床研究を行うことが重要」とのコメントがあった。


東京慈恵会医科大学心臓外科特任教授の坂東興氏。「究極の目的を忘れてはいけない。臨床研究が患者のベネフィットになるのかを常に考えることが必要」


日本で臨床研究を進めるには、臨床医だけで実施するには限界があり、生物統計や疫学の専門家と連携するほか、臨床研究や研究者の支援を行う組織として、ARO(Academic Clinical Research Organization)を整備する必要性も、複数の演者が指摘した。


上述の北風氏はさらに「学会が主体となり、今回の学術集会のように集まって、勉強するほか、やはり学会が主体になって、学会が費用を集めて、大規模臨床試験に取り組むべき」と述べた。

---------
引用終わり。




さて、臨床心理学の分野ではどうだろうか?(特に日本)







スポンサーサイト

Posted on 2014/03/25 Tue. 21:58 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://healthpsychology.blog.fc2.com/tb.php/12-2f59403a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。