スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

異性愛者である黒人男性の安全な性行為と男らしさに関する質的研究  

Health Psychology誌(2015年4月)から

責任があるのは男性、非難されるべきは女性:
異性愛者の黒人男性における安全な性行為と男らしさに関するディスコースの構造

Responsible men, blameworthy women: Black heterosexual men's discursive constructions of safer sex and masculinity.

Bowleg L, et al.

Health Psychology, Vol 34(4), Apr 2015, 314-327.

原文はこちら


目的:

米国の異性愛者である黒人男性(BHM)は、HIV感染が最も多い集団であるが、critical discursive psychology(CDP)などの革新的な質的方法の必要性を重視しながら、安全な性行為に関するメッセージがどのように彼らの安全な性行動を形成していくかということを検討した研究はほとんどない。

今回のCDP研究では以下の点について検討した。
(a)BHMは、どのように安全な性行為を行うようになり、また男らしさを形成するか。
(b)BHMは、従来の男らしさに関して自分自身をどのように位置づけるか。
(c)ディスコースの文脈(個人面接 対 フォーカスグループ)は、安全な性行為と男らしさに関する議論をどのように方向づけていくか。

方法:

18~44歳で、黒人/アフリカ系アメリカ人の異性愛者と自己申告した男性56名を対象とし、個人面接(30名)と4つのフォーカスグループ(26名)を実施して得たデータを分析した。

結果:

分析により以下の5つの主な構造が明らかになった。
(a)「安全な」女性を意味するものとしてのコンドーム。
(b)性感染症(STI)について女性を非難すること/安全な性行為の責任。
(c)関係/信用/知識。
(d)コンドームの委任。
(e)安全な性行為の公衆衛生。

議論が安全な性行為および/または避妊における男性の影響力を否定した場合、また女性を不正直とみなした場合、あるいは性的なリスクおよび/または妊娠について無関心な場合、ディスコースではBHMは自分自身を従来の男らしさに位置づけていた。

注目すべきことに、安全な性行為または性的な排他性に対する責任をとるということに関してディスコースで強調されたのは、従来とは異なる男らしさだった。

ディスコースの文脈、すなわちフォーカスグループの議論という同性同士の社会的関係は、議論の内容ではなく、参加者が安全な性行為と男らしさに関してどのように議論するかということを方向づけていた。

結論:

安全な性行為におけるBHMの責任を否定した場合、安全な性行為と男らしさに関するBHMのディスコースは、公衆衛生のメッセージを反映したものになる場合が多い。

このことから、性的なリスクを低下させるために、このようなディスコースに合わせて、BHMを対象とした安全な性行為に関するgender-transformativeな(ジェンダーに関する価値観などを変えていく)介入を開発する必要性が明白に示された。

スポンサーサイト

Posted on 2017/01/28 Sat. 14:14 [edit]

category: 2015年4月号_Health Psychology誌

tag: 質的研究 
tb: 0   cm: 0

人生の楽しみが多いと死亡率が低下  

British Medical Journal誌(2016年12月13日号)から

高齢者における人生の楽しみの持続と死亡率:English Longitudinal Study of Ageingの分析

Sustained enjoyment of life and mortality at older ages: analysis of the English Longitudinal Study of Ageing.

Zaninotto P, et al.

BMJ. 2016 Dec 13;355:i6267. doi: 10.1136/bmj.i6267.

原文はこちら


抄録

目的:

4年間にわたる人生の楽しみの持続が、総死亡率、心血管疾患による死亡率、それ以外の原因による死亡率と量的に関連するかを検討した。

デザインと設定:

English Longitudinal Study of Ageing(ELSA)のイングランドに居住する高齢男女の全国的な代表標本を用いた縦断的な観察集団研究。

参加者:

募集時の年齢が50歳以上(平均:63歳、標準偏差9.3)の男女9365人。

主要評価項目:

死亡までの時間。これは、データ収集の第3期(2006年)から2013年3月まで(最長7年)の死亡による。

結果

2002年(第1期)、2004年(第2期)、2006年(第3期)に、人生の楽しみを測定することで主観的幸福感を評価した。

2264人の回答者(24%)は、どの評価時点でも人生の楽しみがなかったと報告した。
1833人(20%)は、1回の評価時点で人生の楽しみが多いと報告した。
2063人(22%)は、2回の評価時点で人生の楽しみが多いと報告した。
3205人(34%)は、3回の評価時点全てで人生の楽しみが多いと報告した。

追跡期間中に1310人が死亡した。

死亡率と人生の楽しみが多いという報告数には負の関連性が認められた。

人口統計学的因子、ベースライン時の健康、運動障害、抑うつ症状で補正し、楽しみが多いという報告が0回だった群と比較すると、報告が2回だった群の総死亡率のハザード比[HR]は0.83(95%信頼区間[95%CI]:0.70~0.99)、報告が3回だった群のHRは0.76(95%CI:0.64~0.89)だった。

第3期の測定から2年以内に発生した死亡例を除外しても同様の関連が認められた(HR:0.90、95%CI:0.85~0.95[楽しみが多いという報告が1回増加するごとに])。

また、欠損データのない症例のみを対象とした解析でも同様の結果が示された(HR:0.90、95%CI:0.83~0.96)。

結論:

本研究は観察研究だったため、因果関係に関して結論を導き出すことはできない。

それでもなお、本研究の結果は、幸福感が経時的に持続することの重要性を実証することによって、健康アウトカムにおける主観的幸福感の重要性の理解に新たな面を加えるものである。

Posted on 2017/01/25 Wed. 14:17 [edit]

category: 雑記

tag: 幸福 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。