スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

中途退学の予防プログラムに効果あり  

Campbell Libraryの系統的レビューの結果から(2011年4月14日発表)

中途退学の予防・介入プログラム-学齢期の生徒や若者における卒業および中途退学への効果:系統的レビュー

Dropout Prevention and Intervention Programs: Effects on School Completion and Dropout Among School-Aged Children and Youth: A Systematic Review

Sandra Jo Wilson, et al.

原文はこちら


背景

高校からの中途退学は、低賃金、失業、刑務所への収監、貧困など多くの好ましくない結果と関連する。

一般集団やリスクのある生徒を対象とし、学校や地域ベースの予防・介入プログラムは多数あり、特に、妊娠中や育児中の10代を対象として、卒業に向けての支援を目的とするプログラムも多い。

これらのプログラム全体の効果を検討した包括的な系統的レビューはこれまで行われてこなかった。


目的

この系統的レビューの目的は、初等教育および中等教育の生徒を対象とし、卒業の増加または中途退学の減少を目的とした予防・介入プログラムの効果に関する利用可能なエビデンスをまとめることであった。

メタ解析の主たる目的は、卒業および中途退学というアウトカムに対して最大かつ最も信頼性が高い効果をもつプログラムを同定するために、それぞれのプログラムやアプローチの効果を比較検討することであった。

また、妊娠中および育児中の10代を対象にデザインされたプログラムの効果に関してもまとめることとした。


検索方法

1985~2010年に報告された適格な研究を同定するために、包括的で多様かつ国際的な検索方法を用いた。

幅広い電子書誌データベース、研究登録、他の灰色文献データベース、過去のすべてのメタ解析とこのテーマに関するレビューの参考文献リストおよび研究報告書の引用文献を検索した。

また、学校中退の予防に関する分野の研究者との情報交換を継続して行った。


選択基準

以下の適格基準を満たした研究を本レビューの対象とした。

第1:生徒に対して有益な効果をもたらすことを目的とし、学校ベースのプログラムか、または学校と提携している心理学的、教育的、行動的予防または介入プログラムに関した研究、また、中途退学の予防または介入プログラムであることが明確に示された地域ベースのプログラムを評価した研究。

第2:学齢期の若者、または幼稚園就園前から12学年の初等・中等学校またはそれと同等の教育機関への通学が期待される児童に向けた介入のアウトカムを検討した研究。

第3:実験または準実験による研究デザインを用いた研究。例えば、ランダム割付け、マッチングを伴う非ランダム割付け、統計学的な補正を行うか、前治療の効果量が群間で同等であると推定できるだけの十分な情報のある非ランダム割付けなど。

第4:卒業、中途退学、高校卒業または出席率を測定した適格なアウトカムの変数を1つ以上報告した研究。

最後に、研究の発表年は1985年以降とした。


データ収集と解析

文献検索によって計23,677件の報告が得られた。適切な報告と推測され、適格かどうかの判定のために抽出された報告は2,794件だった。

そのうち167件の様々な研究に関する548件の報告を最終的にレビューの対象とした。

ランダム効果モデル、逆分散法(inverse variance weighted)によるメタ解析を用いて、アウトカムである中途退学のオッズ比を合成した。

プログラム、方法論、参加者のそれぞれの特徴が、中途退学のオッズ比に及ぼす影響について検討するために、メタ回帰モデルを用いた。

出版バイアスの可能性を評価するために、ファンネル・プロット、小標本バイアスに対する回帰テスト、トリム&フィル(trim and fill)分析を用いた。


結果

総合的な中途退学プログラム(152件の研究、317の独立標本)と10代の親のための中途退学プログラム(15件の研究、51の独立標本)を別々にメタ解析で分析した。

全体として、総合的な中途退学プログラムと10代の親のためのプログラムは、中途退学の減少(すなわち卒業の増加)に効果的だった。

総合的なプログラムのランダム効果モデルによる重みづけ平均オッズ比(random effects weighted mean odds ratio)は1.72であった。

対照群の平均中途退学率21.1%を用いて、総合的なプログラムのオッズ比を中途退学率に換算したところ、13%となった。

10代の親のためのプログラムでは、卒業(中途退学の減少)のアウトカムの平均オッズ比は1.83、入学のアウトカムの平均オッズ比は1.55であった。

対照群とした若年女性の平均卒業率は26%であった。

介入プログラムに参加した若年の母親の平均卒業率は39%であった。

入学のアウトカムでは、対照群の若年の母親の平均入学率は33%であった。

10代の親のためのプログラムでの平均オッズ比1.55を入学率に換算すると、約43%となった。

総合的なプログラムのmoderator analysesでは、類似したプログラムおよびベースラインで類似した比較群による研究とベースラインの偏りを補正した試験後のデータを示した研究では、効果量が小さいことが示された。

10代の親のためのプログラムでは、moderator analysesにより、無作為化およびマッチングの手法は、無作為化またはマッチングを行わない場合よりも効果量が小さいことが示された。

それゆえ、試験方法の影響を除外し、プログラムの各タイプの効果を検討するために、方法論的な特徴で効果量を補正した。

効果は、プログラムのタイプや参加者の標本の特徴を問わず全体的に一貫していた。

しかし、プログラムの実行の質の高さは高い効果と関連する傾向がみられた。

出版バイアスまたは小標本バイアスの存在を強く示唆する結果は解析では認められなかった。


著者の結論

解析の結果、全体的に、ほとんどの学校および地域ベースのプログラムは、中途退学の減少に効果的であることが示された。

本レビューの主な結論として、プログラムのタイプによる効果のバラツキはわずかであったことから、中途退学の予防・介入プログラムは、プログラムが適切に実施され、地域環境に適切であるなら、そのタイプに関係なく効果的であろう。

中途退学の予防プログラムを選ぶ政策立案者と実務家は、プログラムの費用対効果を考慮し、地域のニーズならびに実施する側の能力と資源に最も適合したプログラムを選ぶことを推奨する。

スポンサーサイト

Posted on 2014/06/12 Thu. 01:40 [edit]

category: Campbell Library

tag: 中途退学  予防 
tb: 0   cm: 0

若者の薬物使用の治療に短期戦略的家族療法は有効か  

Campbell Libraryの系統的レビューの結果から(2013年9月2日発表)

若者の非オピオイド薬使用に対する治療での短期戦略的家族療法(BSFT):系統的レビュー

Brief Strategic Family Therapy (BSFT) for Young People in Treatment for Non-Opioid Drug Use: A Systematic Review

Maia Lindstrom, et al.

原文はこちら


背景:

若者の薬物使用は、世界中で深刻な問題となっている。

本レビューでは、幅広い健康問題や社会問題と強く関連している大麻、アンフェタミン、エクスタシー、コカインなどの非オピオイド薬使用に対する治療に焦点を置いた。

短期戦略的家族療法(BSFT)は、マニュアルに基づいた家族療法のアプローチであり、家族システムの相互作用のパターンを同定、改善することを重視している。そして、この家族システムは、若者の薬物使用と直接的な関連があると仮定されている。

BSFTは、主に構造的家族理論(家族の構造がどのように若者の行動に影響を与えているか)と戦略的家族理論(問題焦点型で、実際的な治療技法)に依拠している。


目的:

本レビューの主な目的は、非オピオイド薬使用に対する治療において、若者での薬物使用の抑制へのBSFTの効果に関する現行のエビデンスを評価すること、そして可能ならば、BSFTが特定のタイプの被験者でより効果的かどうかを明らかにするために、薬物使用の抑制効果への影響要因を検討することであった。


検索方法:

広範囲にわたる検索方法を用いて、適格な試験を同定した。

2011年6月に電子書誌データベース、加えて政府および政策機関のデータバンク、灰色文献のデータベース、他のレビューの引用文献を幅広く検索した。

さらに、原著論文の参考文献リストを検索し、関連する学術誌を手作業で検索、またGoogleを用いてインターネットでの検索も行った。

また、BSFT分野の研究者との情報交換を継続して行った。

検索では、言語と研究の発表年に制限をかけなかった。


選択基準:

以下の適格基準に合致した試験を本レビューの対象とした。

・非オピオイド薬の使用によって試験に登録された11~21歳の若年患者を対象に、外来患者向けのマニュアルに基づいたBSFT治療に関する試験

・実験研究、準無作為化試験、非無作為化比較試験のデザインを用いた試験。

・以下の適格な評価項目のうち最低でも1つの項目について報告した試験。
適格な評価項目:薬物使用の頻度、家族機能、学業または仕事への取り組み、治療の継続、リスクのある行動または他のすべての有害作用。

・精神障害の治療だけに焦点を合わせていない試験。

・主な介入としてBSFTを実施している試験。


データ収集と解析:

文献検索によって、計2100本の文献が得られた。そのうち58件の試験が関連するとみなされたため、適格かどうかの審査を行った。

6本の論文からデータを抽出した。そのうち2本は、治療の効果に焦点を合わせていなかったため、後に除外した。

3つの独自な試験について報告した4本の論文を最終的なレビューに含めた。

メタ解析を用いて、薬物使用の抑制、家族機能、治療の継続に対するBSFTの効果を、対象とした試験における通常治療(TAU:Treatment as Usual)と比較検討した。これら試験のTAUには幅広い病態と介入が含まれていた。


結果:

本レビューの結果の解釈は、利用可能なデータが非常に少なく、したがってBSFTの効果を検出する統計学的検出力が低かったことを踏まえて、慎重になるべきである。

薬物使用の抑制では、BSFTが、地域治療プログラム、集団療法、最小限の接触(minimum contact)などの対照よりも、治療終了時の薬物使用の頻度に効果があるというエビデンスは得られなかった。3件の試験(520人の被験者)に基づくと、ランダム効果モデルによる標準化平均差は、-0.04(95%信頼区間[CI]:-0.25~0.34)であった。

家族機能では、BSFTが、対照とした介入よりも、治療終了時の家族機能に効果があるというエビデンスは認められなかった。

3件の試験(568人の被験者)に基づくと、両親の報告による家族機能の標準化平均差は、0.06(95%CI:-0.13~0.25)だった(ランダム効果モデルによる)。2件の試験(416人の被験者)に基づくと、若者自身の報告による家族機能の標準化平均差は0.16(95%CI:-0.19~0.51)だった(ランダム効果モデルによる)。

治療の継続では、BSFTは、若年の薬物使用者において、対照とした介入よりも治療の継続を改善する可能性があるというエビデンスが認められた。2件の試験(606人の被験者)に基づくと、ランダム効果モデルによる標準化平均差は、0.55(95%CI:0.39~0.76)だった。

メタ解析は、リスク行動のアウトカムには適していない。それは、各試験で用いられるリスク行動の測定方法に違いがあるためである。

Horigianら(2010)の報告では、リスク行動への有意な効果は認められなかった。

Santistebanら(2003)は、RBPCの社会化された攻撃性(socialized aggression)尺度を用いて、BSFT介入群の若者で、仲間に基づく非行(peer-based delinquency)が大きく減少することを報告している。治療終了時のランダム効果モデルによる標準化平均差は、-0.27(95%CI:-0.72~0.18)だった。

有害作用について報告しているのはHorigianら(2010)のみである。この試験の若者の50%以上で、試験中にリスク行動または他の有害イベントが認められた。

最も多く見られたイベントは、逮捕だった。次に停学または中退、そして家出だった。

しかし、BSFTと対照群のイベントの分布には、BSFTと対照条件との間で明白な違いは示されなかった。

学業または仕事への取り組みという評価項目について報告した試験はなかった。

本レビューの対象とした試験では、方法論的な厳密さと報告の適切さが全体的に不十分だったため、薬物を使用する若者に対するBSFTの効果の評価は信頼性が高いとみなすことはできない。

本レビューの対象とした試験3件のうち2件では、バイアスのリスクを評価するために必要とされる中心的な問題に関する情報(群の割付けの順番の作成法、割付けの秘匿、アウトカムに関するデータの完全性など)の報告が不十分だった。

方法論でのこれらの欠点によって、2件の試験の妥当性に関しては疑問を持たざるを得ない。

それに応じて、結果のどんな解釈に関しても注意を払うべきである。

本レビューの対象とした試験は少数であったため、薬物使用を抑制する効果に影響を与える可能性のある要因を評価することはできなかった。


著者の結論

若者の非オピオイド薬使用に対するBSFTの効果に関しては、結論を下せるような確固たる十分なエビデンスは得られなかった。

さらなる研究が必要であるが、現時点では、他の治療法と比較して、非オピオイド薬の若年使用者で、BSFT治療によって薬物使用が抑制、または家族機能が改善するというエビデンスは得られていない。

本レビューの結果は一貫していなかった。

BSFTは、地域治療プログラム、集団療法または最小限の接触(minimum contact)という対照よりも、薬物使用の頻度および家族機能に対して効果が高いとも低いとも言えず、その一方で、治療の継続では、対照とした介入よりも、良好な効果が認められた。また、長期の治療の継続は、薬物使用の治療による良好なアウトカムの一貫した予測因子として同定されている。

本レビューの対象とした試験の追跡期間の長さが、有意な変化を検出するには不十分だった可能性は残るが、今回認められたエビデンスには、試験の件数と質の両者において限界があることを留意する必要がある。

今回の系統的レビューの目的は、非オピオイド薬を使用する若者において、薬物使用の抑制へのBSFTの効果について明らかになっていることを調査することであった。

現在利用可能な情報には、実際のアウトカムと影響に関する結論を導き出すために必要な根拠が十分提示されていない。

したがって、BSFTの効果に関する結論は実質的に下すことができない。また、本レビューで検討したBSFTという治療アプローチを支持することも、却下することもできない。

この領域で、適切に計画された無作為化比較試験を実施する必要がある。

今後の試験では、その結果を明確に報告し、治療中止後の効果を追跡できるよう長期的な追跡調査を行うべきである。


Posted on 2014/04/15 Tue. 21:21 [edit]

category: Campbell Library

tag: 青年  薬物  家族療法 
tb: 0   cm: 0

性的虐待を受けた小児と青年に対する精神分析療法は有効か?  

Campbell Libraryの系統的レビューの結果から(2013年11月4日発表)

性的虐待を受けた小児と青年に対する精神分析的/精神力動的心理療法:系統的レビュー

Psychoanalytic/Psychodynamic Psychotherapy for Children and Adolescents Who Have Been Sexually Abused: A Systematic Review

Ben Parker, William Turner

原文はこちら


背景:

小児と青年に対する性的虐待は、世界的に深刻な問題であり、被害者に心理的、社会的、身体的に好ましくない影響をもたらす。

こういった影響は、性的虐待の直後に認められる場合が多いが、後年、成人期になってから現れる場合もある。

性的虐待を受けた小児と青年を援助するための介入は数多くあるが、精神分析的/精神力動的心理療法が長年にわたって慣習的に性的虐待の被害者に対して行われてきた。

本レビューでは、精神分析的/精神力動的心理療法が、特に性的虐待を受けた小児と青年に有効であるというエビデンスを見いだすことを目的とした。

目的:

性的虐待を受けた小児と青年に対する精神分析的/精神力動的心理療法の有効性の評価。

検索方法:

2013年5月に以下のデータベースを検索した。
CENTRAL、Ovid MEDLINE、Embase、PsycINFO、CINAHL、Sociological Abstracts、Social Science Citation Index、Conference Proceedings Citation Index - Social Science and Humanities、LILACS、WorldCat。

また、3つの試験登録を検索し、関連する研究論文の参考文献リストを確認、著名な専門家と連絡をとった。

選択基準:

介入前のいかなる時期でも性的虐待を受けたことのある18歳までの小児と青年を対象に、精神分析的/精神力動的心理療法と通常治療または無治療/待機リストの対照群と比較した無作為化試験および準無作為化試験。

データ収集と解析:

レビュー担当者(Ben ParkerとWilliam Turner)が独立して検索結果を審査し、適格基準に合致した研究を同定した。

結果:

本レビューの選択基準を満たした研究は同定されなかった。

著者らの結論:

性的虐待を受けた小児と青年を対象に、精神分析的/精神力動的心理療法と通常治療、無治療または待機リストの対照群と比較した無作為化試験および準無作為化試験はなかった。

それゆえ、この集団における精神分析的/精神力動的心理療法の有効性に関しては、どのような結論も導き出すことはできない。

この欠落は重大である。またこの欠落は、この集団における精神分析的/精神力動的心理療法の有効性に関して、さらに研究を行う必要性を強調するものである。

このような研究は、理想的には、方法論的に質の高い、大規模な無作為化比較試験の形式で行われるべきである。

このような研究が実施されない場合、このテーマに関する将来の系統的レビューでは、重要な研究を見落すのを避けるために、無作為化比較試験以外のより質の低いエビデンスを含めることを検討する必要が出てくるだろう。

Posted on 2014/02/12 Wed. 16:51 [edit]

category: Campbell Library

tag: 性的虐待  精神分析  小児  青年 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。