スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

人生の楽しみが多いと死亡率が低下  

British Medical Journal誌(2016年12月13日号)から

高齢者における人生の楽しみの持続と死亡率:English Longitudinal Study of Ageingの分析

Sustained enjoyment of life and mortality at older ages: analysis of the English Longitudinal Study of Ageing.

Zaninotto P, et al.

BMJ. 2016 Dec 13;355:i6267. doi: 10.1136/bmj.i6267.

原文はこちら


抄録

目的:

4年間にわたる人生の楽しみの持続が、総死亡率、心血管疾患による死亡率、それ以外の原因による死亡率と量的に関連するかを検討した。

デザインと設定:

English Longitudinal Study of Ageing(ELSA)のイングランドに居住する高齢男女の全国的な代表標本を用いた縦断的な観察集団研究。

参加者:

募集時の年齢が50歳以上(平均:63歳、標準偏差9.3)の男女9365人。

主要評価項目:

死亡までの時間。これは、データ収集の第3期(2006年)から2013年3月まで(最長7年)の死亡による。

結果

2002年(第1期)、2004年(第2期)、2006年(第3期)に、人生の楽しみを測定することで主観的幸福感を評価した。

2264人の回答者(24%)は、どの評価時点でも人生の楽しみがなかったと報告した。
1833人(20%)は、1回の評価時点で人生の楽しみが多いと報告した。
2063人(22%)は、2回の評価時点で人生の楽しみが多いと報告した。
3205人(34%)は、3回の評価時点全てで人生の楽しみが多いと報告した。

追跡期間中に1310人が死亡した。

死亡率と人生の楽しみが多いという報告数には負の関連性が認められた。

人口統計学的因子、ベースライン時の健康、運動障害、抑うつ症状で補正し、楽しみが多いという報告が0回だった群と比較すると、報告が2回だった群の総死亡率のハザード比[HR]は0.83(95%信頼区間[95%CI]:0.70~0.99)、報告が3回だった群のHRは0.76(95%CI:0.64~0.89)だった。

第3期の測定から2年以内に発生した死亡例を除外しても同様の関連が認められた(HR:0.90、95%CI:0.85~0.95[楽しみが多いという報告が1回増加するごとに])。

また、欠損データのない症例のみを対象とした解析でも同様の結果が示された(HR:0.90、95%CI:0.83~0.96)。

結論:

本研究は観察研究だったため、因果関係に関して結論を導き出すことはできない。

それでもなお、本研究の結果は、幸福感が経時的に持続することの重要性を実証することによって、健康アウトカムにおける主観的幸福感の重要性の理解に新たな面を加えるものである。
スポンサーサイト

Posted on 2017/01/25 Wed. 14:17 [edit]

category: 雑記

tag: 幸福 
tb: 0   cm: 0

心理学の研究結果、6割以上が再現不可能  

心理学の研究結果、6割以上が再現不可能 検証調査
AFP=時事 8月28日(金)13時19分配信


【AFP=時事】人がどのように行動したり思考したりするかに関する科学的研究は、外部専門家らによる研究結果の再現が不可能なものが多いとの研究報告が27日、発表された。心理学研究の信頼性に関する新たな疑問を浮上させる結果だという。

科学者270人からなる研究チームは、2008年に米国の主要査読学術誌3誌に発表された心理学と社会科学の研究論文100件について、その結果の再現を試みた。

 米科学誌サイエンス(Science)に発表された調査結果によると、元の研究論文と同じ結果が得られたのは、全体の39%にすぎなかったという。

 調査対象論文の研究テーマの範囲は、人々の社会生活や他者との交流から、知覚、意識、記憶などに関する研究までに及ぶものだった。

 サイエンス誌の編集主任を務める心理学者のギルバート・チン(Gilbert Chin)氏は「今回のいささか落胆させられる結果については、各学説の妥当性や虚偽性に直接言及するものではないことに留意する必要がある」と話す。しかし、その一方で「今回の結果が実際に示しているのは、原著論文の実験結果の多くに関して、それほど信頼を置かないようにするべきということだ」とも指摘した。

 論文共同執筆者の米バージニア大学(University of Virginia)のブライアン・ノセック(Brian Nosek)氏によると、科学者らが常に自らに問いかける必要があることを、今回の研究は示しているという。

 ノセック氏は、記者会見で「科学的な主張が信用できるものとなる根拠は、それを生み出した人の地位や権威ではない」と述べ、「科学的主張の信頼性は、その主張の根拠となる証拠の再現性に部分的に依存している」と語った。

 問題が生じる恐れがあるのは、科学者らが「有意」と考えられるもののみを含めるために自説に都合の良いデータだけを選び出す場合や、研究規模が非常に小さいために偽陰性や偽陽性が発生する場合などだ。

 ノセック氏によると、科学者らは自身の研究成果を主要学術誌に定期的に発表する必要に迫られており、このプロセスが実態の歪曲(わいきょく)につながる可能性があるという。

「研究していることすべてが発表に至るわけではない。新規性があり、肯定的で、整然とした結果が査読を通過する可能性が高く、これは、自説にそぐわない否定的な結果や研究を除外するという発表の偏向につながる恐れがある」とノセック氏は説明。そして「これが大規模に行われると、発表される文献が実態より見栄えの良いものになる可能性がある」と続けた。【翻訳編集】 AFPBB News

Posted on 2015/08/29 Sat. 01:15 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

心理学的介入に関する臨床研究について  

以下の記事を読むと、心理学的介入に関する臨床研究の問題点(特に日本)について考えざるを得ない。


医療従事者向け医療情報サイトm3.comの記事より抜粋(閲覧には会員登録が必要)
https://www.m3.com/



以下抜粋引用。
-----------

3月21日に東京都内で第78回日本循環器学会学術集会が開催された。

降圧剤の論文不正問題が相次いでおり、それを受けて「循環器診療ガイドラインと日本のEBM~信頼を取り戻すために~」をテーマとしたセッションが行われた。


座長の横浜市立大学市民総合医療センター心臓血管センター部長の木村一雄氏は、臨床研究に未熟な研究者が大規模臨床研究を手がけることが、昨今の不正問題の背景にあると指摘。


同じく座長の東京大学医学部附属病院臨床研究支援センター・センター長の山崎力氏も「エクセルでデータを集めれば、誰でも研究ができると考えることが、今の結果になっている」とコメントした。


日本の場合、日常診療がメーンで、臨床研究はともすれば片手間で実施されることが多いが、浜松医科大学臨床薬理内科教授の渡邊裕司氏は「日本では日常診療がミッションで、臨床研究はお荷物とされる。しかし、臨床研究を通じ、次世代のために新しい医療を作ることも医師のミッション」と指摘。


国立循環器病研究センター臨床研究部部長の北風政史氏も「今、なぜ医師・医療関係者・医学研究者が臨床研究をしなければいけないのか」と問いかけ、「臨床研究・治験は、医師個人の学問的興味で行う基礎研究とは異なり、医師のなすべき責務だと認識すべき」と強調。


日本医科大学武蔵小杉病院循環器内科部長の佐藤直樹氏からは「より良いジャーナルに論文を書くことが目的ではない。患者のために臨床研究を行うことが重要」とのコメントがあった。


東京慈恵会医科大学心臓外科特任教授の坂東興氏。「究極の目的を忘れてはいけない。臨床研究が患者のベネフィットになるのかを常に考えることが必要」


日本で臨床研究を進めるには、臨床医だけで実施するには限界があり、生物統計や疫学の専門家と連携するほか、臨床研究や研究者の支援を行う組織として、ARO(Academic Clinical Research Organization)を整備する必要性も、複数の演者が指摘した。


上述の北風氏はさらに「学会が主体となり、今回の学術集会のように集まって、勉強するほか、やはり学会が主体になって、学会が費用を集めて、大規模臨床試験に取り組むべき」と述べた。

---------
引用終わり。




さて、臨床心理学の分野ではどうだろうか?(特に日本)







Posted on 2014/03/25 Tue. 21:58 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。