スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

メタ認知的信念は、癌患者の不安、抑うつ、PTSDの症状と関連  

Health Psychology誌(2015年3月)から

メタ認知的信念と癌診断後の精神的苦痛の関連

The association of metacognitive beliefs with emotional distress after diagnosis of cancer.

Cook SA, et al.

Health Psychology, Vol 34(3), Mar 2015, 207-215.

原文はこちら

目的:

癌診断後の精神的苦痛は通常起こりうるものであり、ほとんど患者では経時的に軽減していくと思われる。

しかし、少数ではあるが無視できない例数の癌患者が、援助が必要なほどの持続性または再発性の精神的苦痛を経験している。

精神保健分野で開発されたモデルである自己調節実行機能(S-REF)モデルでは、持続的な心配を含む不適応なメタ認知的信念とプロセスが、このような感情的問題が持続する原因の理解に重要であると提唱されている。

今回の横断的研究は、癌患者の集団で、メタ認知的信念が精神的苦痛と関係しているかどうか、またこの関係が、S-REFモデルで予測されるように心配によって媒介されるかどうかを検討した最初の研究である。

方法:

癌の診断から3ヵ月以内および治療の3ヵ月前に、229例の原発性の乳癌または前立腺癌患者を対象に、自己報告式の質問紙調査を行い、不安、抑うつ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状、メタ認知的信念、心配、疾患認知を評価した。

結果:

回帰分析により、メタ認知的信念は、不安、抑うつ、PTSDの症状と関連しており、年齢、性別、疾患認知の補正後では、これらのアウトカムでadditional varianceが説明されることが示された。

本研究では、メタ認知的信念は心配を誘発することによって、直接、間接的に苦痛を引き起こし、また持続させるという横断的な仮説を理論から導き出したが、構造方程式モデリングはこの仮説と合致していた。

結論:

今回の結果から、S-REFモデルが癌領域でも有用な可能性があることを支持する最初の有望なエビデンスが示された。

今回の結果の予測的および臨床的有用性を確立するためには、さらなる研究が必要である。


スポンサーサイト

Posted on 2015/02/23 Mon. 19:58 [edit]

category: 2015年3月号_Health Psychology誌

tag:   メタ認知的信念  精神的苦痛  不安  うつ  PTSD 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。