スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

認知機能と生活習慣の関連における年齢差  

Health Psychology誌(2015年1月)から

顔記憶と身体活動、社会認知的関与、TV視聴の関連における年齢差

Age differences in the association of physical activity, sociocognitive engagement, and TV viewing on face memory.

Heisz JJ, et al.

Health Psychology, Vol 34(1), Jan 2015, 83-88.

原文はこちら

目的:

身体的および社会認知的な生活習慣における活動性の高さは、高齢者では認知機能を促進する。

若年成人では、この生活習慣における活動性と認知機能の関連についてはほとんど分かっていない。

日常的な活動に重要な認知機能の1つはエピソード記憶である。

本研究では、若年成人と高齢者において、生活習慣における活動性とエピソード記憶の関係を検討した。

方法:

参加者は、62名の若年成人(平均年齢=24歳)と高齢者(平均年齢=74歳)であった。

Victoria Longitudinal Study Activities Questionnaire増補版を用いて、身体活動、社会認知的活動、TV視聴への関与度を定量化した。

エピソード記憶は、若者と高齢者の顔の記憶を検査する老-若の顔面認識パラダイムを用いて評価した。

結果:

若年成人と比較すると、高齢者は、身体的および社会認知的な活動性が低いと報告した。また、TV視聴などの受動的な行動が多かった。

若年成人では、身体活動とエピソード記憶の間に正の関連が認められたが、高齢者では見られなかった。

興味深いことに、高齢者ではTV視聴とエピソード記憶の間に負の関連が認められたが、若年成人では認められなかった。

若年成人でも高齢者でも、社会認知的活動とエピソード記憶の間に関連は見られなかった。

高齢者ではown-age effectが認められたが、顔の年齢と生活習慣における活動性に相互作用は見られなかった。

結論:

身体活動による肯定的な認知面のベネフィットは、若年成人でも認められた。

しかし、身体活動と認知との相互作用は、年代によって異なると思われる。

さらに、TV視聴は、高齢期では認知能力に特に不利益をもたらすと思われる。

スポンサーサイト

Posted on 2015/02/16 Mon. 22:56 [edit]

category: 2015年1月号_Health Psychology誌

tag: 身体活動  認知機能  生活習慣 
tb: 0   cm: 0

中年成人において有酸素運動は有意に記憶を改善  

Health Psychology誌(2014年1月)から

中年成人におけるサイクリング vs ストレッチ/コーディネーション・トレーニングの特異的な認知的効果

Differential cognitive effects of cycling versus stretching/coordination training in middle-aged adults

Hotting K, et al. Health Psychology, Vol 33(1), Jan 2014, 19. doi: 10.1037/hea0000048

原文はこちら

Health Psychology, 2012, Vol. 31, No. 2, pp. 145-155.に掲載された論文の修正版


目的:

身体運動は、高齢者では認知機能の向上と関連しており、脳の可塑性を強化する。

そのポジティブな効果は、脳の前頭部と関連する実行機能に関してほぼ一貫して報告されてきた。

一方、齧歯類では、ランニングによって、記憶に重要な脳領域である海馬の機能的および構造的変化が誘発されることが示されている。

どの認知機能が運動の影響を受けやすいのか、また有酸素運動を増やすことが認知機能に有益かどうかという問題は依然として議論の対象である。

さらに、中年成人での認知への運動の影響についてはほとんど分かっていない。

方法:

運動習慣のない40~56歳の男女68人を、有酸素性持久力トレーニング(サイクリング)群または非持久力トレーニング(ストレッチ/コーディネーション)群の2つのトレーニングプログラムのいずれかに無作為に割り付けた。

両群ともに6ヵ月間、週2回の運動を行った。

さらに、運動習慣のない対照群も検討に加えた。

ベースラインおよび6ヵ月後に、標準化された心理検査によってエピソード記憶、知覚速度、実行機能、空間推論について評価し、全被験者に心血管系のフィットネス検査を実施した。

結果:

サイクリング群とストレッチ/コーディネーション群の両群で、対照群と比較して記憶の有意な改善が認められた。

エピソード記憶の改善と有酸素運動の増加には正の相関が認められた。

ストレッチ/コーディネーション・トレーニングは、サイクリング・トレーニングよりも選択的注意を顕著に改善していた。

結論:

今回の結果から、有酸素運動は、高い機能を有する中年成人でも有益な効果があるが、このベネフィットは、幅広い認知機能というよりは、記憶に極めて特異的であることが示唆された。

Posted on 2014/02/05 Wed. 20:10 [edit]

category: pickup_Health Psychology誌

tag: 身体活動  認知機能 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。