スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自己肯定化は保健行動の変化にポジティブな影響を及ぼす  

Health Psychology誌(2015年3月)から

保健行動の変化に対する自己肯定化の影響:メタ解析

The impact of self-affirmation on health-behavior change: A meta-analysis.

Epton T, et al.

Health Psychology, Vol 34(3), Mar 2015, 187-196.

原文はこちら

目的:

自己肯定化(重要な価値、属性または社会的関係を検討することによって引き起こされる)は、健康リスク情報に対する防衛的な抵抗を低下させ、その後、保健行動を変化させるためのレディネスを高めると思われる。

しかし、このような自己肯定化の効果に関しては、正規の方法に従った定量的な統合が行われていない。

そこで、保健行動の変化プロセスにおいて重要な3点、つまり(a)メッセージの受容、(b)変化への意思、(c)その後の行動というアウトカムに対する自己肯定化の影響についてメタ解析を行い、本稿でその結果を報告した。

方法:

文献検索によって、上記のアウトカムに対する自己肯定化の操作の効果に関する144件の実証的な検証が同定された。

効果量を抽出し、メタ解析を行った。

結果:

メッセージの受容に関する検証は34件(3,433名)、変化への意思に関する検証は64件(5,564名)、行動に関する検証は46件(2,715名)であった。

これらの検証全体でのランダム効果モデルによる解析の結果、それぞれのアウトカムに対する自己肯定化の効果は小さかったが、信頼性の高いポジティブなものだった(メッセージの受容:d+=0.17、信頼区間[CI]=0.03~0.31、変化への意思:d+=0.14、CI=0.05~0.23、行動:d+=0.32、CI=0.19~0.44)。

この結果は、様々な健康問題や行動でも同様だった。

結論:

今回の結果から、説得力のある保健情報とともに自己肯定化を誘発することにはポジティブな効果があり、メッセージの受容、変化に対する意思、その後の行動を促進することが示唆される。

その効果は小さかったが、保健行動を変化させる介入に関する他のメタ解析の結果と同程度のものであった。

今回の結果は、人間が有益な保健情報に抵抗する理由や、このような抵抗を低下させる方法を明らかにするために尽力している研究者と実務家にとって重要であろう。


スポンサーサイト

Posted on 2015/02/22 Sun. 21:15 [edit]

category: 2015年3月号_Health Psychology誌

tag: 自己肯定化  保健行動  メタ解析 
tb: 0   cm: 0

自己肯定化は、意思と行動に対する保健メッセージの効果に影響を及ぼす  

Health Psychology誌(2015年2月)から

自己肯定化と保健メッセージに対する反応:意思と行動に関するメタ解析

Self-affirmation and responses to health messages: A meta-analysis on intentions and behavior.

Sweeney AM, Moyer A

Health Psychology, Vol 34(2), Feb 2015, 149-159.

原文はこちら

目的:

本研究では、意思と行動の両者に及ぼす保健メッセージの効果に自己肯定化の操作がどのくらい影響を及ぼしているかを定量化することを目的とした。

方法:

脅迫的な保健メッセージを読む前に自己肯定化した被験者と自己肯定化しなかった被験者を比較した実証研究を系統的に検索した。

保健に対する意思と行動への効果量をランダム効果モデルを用いて統合した。

結果:

16件の研究のデータを解析対象とした。

意思と行動に対するaggregate効果量は有意ではあったが、小さかった(意思に対する効果量:d+=0.26、95%信頼区間[CI]=0.04~0.48、行動に対する効果量:d+=0.27、95%CI=0.11~0.43)。

意思と行動の両者を評価した研究でメタ回帰分析を行ったところ、意思の効果量は、行動の効果量を予測していないことが明らかとなった(β=0.03、95%CI=-0.30~0.36)。

保健行動のタイプ(損害 vs. 促進)、保健行動のタイミング(近い vs. 遠い)、自己肯定化の操作のタイプ(価値 vs. 優しさ)、保健メッセージの特異度(単一の健康問題 vs. 複数の健康問題)は、意思または行動に対する自己肯定化の影響を調整していなかった。

結論:

自己肯定化は、意思と行動に対する保健メッセージの効果に影響を与えている。

ただし、本研究では、意思の効果量が行動の効果量を予測しておらず、保健行動の変化に関する先行研究では、意思が常に行動に転換されるわけではないことが示されていることから、自己肯定化の研究で、意思-行動関係が因果関係であることを支持する研究はほとんどない。

今後の研究では、自己肯定化が保健行動の変化を引き起こす理由を特定の保健に関連した反応によって説明できるかどうかを検討する必要がある。


Posted on 2015/02/20 Fri. 17:38 [edit]

category: 2015年2月号_Health Psychology誌

tag: 保健メッセージ  自己肯定化  メタ解析  保健行動 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。