スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

妊娠前の肥満と妊娠中の体重増加、抑うつ症状の関連  

Health Psychology誌(2015年3月)から

ヒスパニック系集団における妊娠前のBMIと妊娠期の体重増加、抑うつ症状スコアの上昇

Prepregnancy body mass index, gestational weight gain, and elevated depressive symptoms in a Hispanic cohort.

Ertel KA, et al.

Health Psychology, Vol 34(3), Mar 2015, 274-278.

原文はこちら

目的:

本研究の目的は、妊娠前の肥満指数(BMI)と妊娠期の体重増加(GWG)、妊娠中の抑うつ症状スコアの上昇の関連について評価することであった。

方法:

西マサチューセッツのヒスパニック系(主にプエルトリコ系)の女性を対象としたプロスペクティブなコホート研究であるProyecto Buena Saludに参加した1,090人で上記のの関連性について評価した。

BMIとGWGは自己報告に基づいた。GWGは2009年の米国医学研究所のガイドラインに従って分類した。抑うつ症状は、10項目のエディンバラ産後うつ病自己評価票(EPDS)を用いて、妊娠前期、中期、後期に評価した。

EPDSスコアが13点以上および15点以上の場合に高スコアの抑うつ症状とみなした。

結果:

多変量の縦断的モデルで、正常体重の女性と比較すると、過体重(25.0~30kg/m2未満)の女性では、EPDSスコア13点以上のオッズ比は0.53(95%信頼区間[CI]:0.31~0.90)、EPDSスコア15点以上のオッズ比は0.51(95%CI:0.28~0.91)だった。

抑うつ症状の予測に、GWGとの関連またはBMIとGWGの相互作用は認められなかった。

結論:

今回の研究により、ヒスパニック系女性では、妊娠前に過体重であると妊娠中の抑うつ症状スコアが低値であるという関連を支持する予備的な結果が得られた。

周産期の体重および体重増加の認知には社会的および文化的な違いが存在する可能性がある。今後の研究では、その違いとそれが精神的健康にどのように影響を与えているかについて焦点を合わせるべきであろう。

スポンサーサイト

Posted on 2015/04/24 Fri. 19:39 [edit]

category: 2015年3月号_Health Psychology誌

tag: 肥満  うつ  妊娠 
tb: 0   cm: 0

肥満は体重スティグマを介して主観的な健康に否定的な影響を及ぼす  

Health Psychology誌(2015年2月)から

体重スティグマはBMIと自己報告による健康との関連を媒介する

Weight stigma mediates the association between BMI and self-reported health.

Hunger JM, Major B

Health Psychology, Vol 34(2), Feb 2015, 172-175.

原文はこちら

目的:

体重スティグマは米国に浸透している。

本研究では、スティグマという心理過程を介して、肥満は自己報告の健康に否定的な影響を及ぼすという仮説を検証した。

2つの研究で、体重による差別の認知と体重スティグマに対する懸念が、BMIと自己報告による精神的健康との関連(研究1)およびBMIと身体的健康との関連(研究2)を媒介するかどうかを検討した。

方法:

2つのオンラインでの研究で、成人の地域住民を対象に、スティグマに関する媒介因子(体重による差別の認知、体重スティグマへの懸念)を測定し、加えて身長と体重の情報を得た。

研究1では、171名の被験者を対象に、精神的健康(抑うつ、自尊感情、QOL)について測定した。

研究2では、194名の被験者を対象に、自己報告による身体的健康を測定した。

差別の認知とスティグマへの懸念の各変数が独立して媒介しているか、また両変数が連続的に媒介しているかを同時に検証するために、プロセス・モデリングを用いた。

結果:

2つの研究で、連続的な媒介を支持する結果が認められた。つまり、BMIは、差別の認知とスティグマへの懸念に対して影響を及ぼし、その影響を介して自己報告による健康度の低さと間接的に関連していた。

さらに、スティグマに対する懸念は、差別の認知とは独立して、BMIと健康との関連を媒介していた。

結論:

体重スティグマは、BMIと自己報告による健康との関係を媒介する重要な因子である。

さらに、今回の結果から、将来スティグマに直面することへの懸念は、過去の差別体験の認知と心身の健康との関係を媒介していることが示唆された。

Posted on 2015/02/21 Sat. 21:27 [edit]

category: 2015年2月号_Health Psychology誌

tag: 肥満  スティグマ  精神的健康  身体的健康 
tb: 0   cm: 0

青年期前期における社会経済的地位と肥満の関連  

Health Psychology誌(2015年1月)から

多様な青年期前期集団における社会経済的地位と肥満との関連:人種/民族と性別での相違。

Associations between socioeconomic status and obesity in diverse, young adolescents: Variation across race/ethnicity and gender.

Fradkin C, et al.

Health Psychology, Vol 34(1), Jan 2015, 1-9.

原文はこちら


目的:

本研究では、10~13歳の青年期前期における社会経済的地位(SES)と肥満リスクとの関連、ならびにこの関連が青年期前期の2つの時点で、異なる人種/民族および性別でも認められるかどうかを検討した。

方法:

データはHealthy Passages研究から収集した。

Healthy Passages研究は、集団ベースで4,824名のアフリカ系アメリカ人、ヒスパニック系、白人の5年生(年齢:10~11歳)を登録し、米国の3つの大都市圏で実施した縦断的研究である。2年後に再評価が行われた。

体重の分類には標準的な基準によるBMIの測定値を用いて、非肥満と肥満(5年生の27%)に分類した。

SESは、児童の家庭で最も高い教育水準に基づいた。

結果:

人種/民族を解析に含めなかった場合、SESが最も高い児童では、5年生と7年生の両時点で、SESが低い児童よりも肥満の割合が有意に低かった。

人種/民族を含めた解析では、同様の結果がヒスパニック系と白人集団でほぼ確認されたが、アフリカ系アメリカ人では認められなかった。

また性別を解析に含めた場合、白人の女児と5年生のヒスパニック系の男児で肥満リスクにおけるSESに顕著な違いが認められた。

結論:

SESが高い(家族成員の1人が最低でも大卒者である)家庭で育つことは、ヒスパニック系および白人の青年集団では、肥満リスクの低さと関連している。

アフリカ系アメリカ人の青年では、SESと肥満との関連は認められないようである。

したがって、通常、高いSESに起因する健康上の利点は、青年の肥満においては、人種/民族全体にわたって一貫して認められるものではないと考えられる。

さらなる研究によって、特にアフリカ系アメリカ人の青年を対象に、SES以外の体重に対する影響因子を同定すべきである。


Posted on 2015/01/20 Tue. 20:26 [edit]

category: 2015年1月号_Health Psychology誌

tag: 青年  肥満 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。