スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

複雑な精神障害では短期の治療より長期の精神分析療法が効果的:新たなメタ解析の結果から  

Psychodynamic Psychiatry誌(2013年秋)から

長期の精神力動的治療に関する新たなエビデンス

The emerging evidence for long-term psychodynamic therapy

Leichsenring F, et al.

Psychodynamic Psychiatry: Vol. 41, No. 3, pp. 361-384.

原文はこちら


特定の精神障害における短期の精神力動的精神療法(STPP)と長期の精神力動的精神療法(LTPP)の有効性を支持する無作為比較試験(RCT)によるエビデンスが増加している。

最初の一連のメタ解析では、LTPPは、特に複雑な精神障害では短期の精神療法よりも優れることが示された。

しかし、このLTPPのエビデンスには異議が唱えられている。

この提起された懸念への取り組みが行われたが、その後Smitら(2012)による最近のメタ解析で、再びLTPPの有効性に異議が唱えられている。

方法:

方法論的な観点から、Smitらのメタ解析に対して批判的に解析した。

さらに、本研究では、これまでのメタ解析には含まれていなかった試験を追加して、新たに2つのメタ解析を行った。

本研究の目的は、これまでのメタ解析の結果が安定したものであるか否かについて検討することであった。

結果:

Smitらによるメタ解析では、実際のところ、異なる選択基準によって、LTPPと他のタイプの長期の精神療法が比較された。

したがって、Smitらが示した本質的なものは、LTPPの効果は、他のタイプの長期的な治療と同等であったということである。

そのため、Smitらによるメタ解析は、LTPPは短期の精神療法よりも優れることを示した過去のメタ解析の結果に異議を唱えるものではない。

また、Smitらのメタ解析では、いくつかの方法論的な欠点が認められた。

本研究で行った新たなメタ解析では、これまでの結果との有意な違いは見いだされなかった。

複雑な精神障害では、LTPPが短期の治療よりも有意に優れることが立証された。これは、これまでのメタ解析の結果を裏づけるものである。

結論:

量‐効果関係に関するデータから、慢性精神障害やパーソナリティ障害などの複雑な精神障害患者の多くでは、短期の精神療法では不十分であることが示唆される。

これらの患者には長期的な治療が適応されるだろう。

本研究のメタ解析は、複雑な精神障害患者においてLTPPをさらに支持するものであった。

それでもやはり、LTPPと他の長期的な精神療法に関してさらなる研究が必要とされる。

スポンサーサイト

Posted on 2015/01/25 Sun. 01:50 [edit]

category: 精神分析の効果

tag: 精神療法  精神分析  メタ解析  治療効果 
tb: 0   cm: 0

長期の精神分析的精神療法の効果は限定的:無作為化試験のメタ解析の結果から  

Clinical Psychology Review誌(2012年3月)から

長期の精神分析的精神療法の効果-無作為比較試験のメタ解析

The effectiveness of long-term psychoanalytic psychotherapy-a meta-analysis of randomized controlled trials

Smit Y, et al.

Clinical Psychology Review Volume 32, Issue 2, March 2012, Pages 81-92

原文はこちら

精神分析療法および長期の精神分析的精神療法(LTPP)の効果に関しては議論の余地がある。

本研究では、明確に定義した精神障害患者において、他の治療法または無治療と比較して、LTPPの効果を評価した。

LTPPに関する無作為比較試験または準無作為比較試験を選択した。

2名の著者が独立して、解析対象とする試験を同定した。

11件の試験が適格だった。

利用可能な最長の追跡時点での回復(主要アウトカム)のリスク差は0.00(95%信頼区間[CI]:-0.17~0.17、p=0.96、I2乗:58%)だった。

統合したHedges' g(各試験の最長の追跡時点での)は以下のとおりであった。

治療の対象とした問題では-0.05(95%CI:-0.55~0.46、p=0.86、I2乗=88%)、

全般的な精神医学的症状では0.69(95%CI:-0.19~1.57、p=0.13、I2乗=96%)、

パーソナリティの病理では0.17(95%CI:-0.25~0.59、p=0.42、I2乗=41%)、

社会的機能では0.20(95%CI:-0.10~0.50、p=0.19、I2乗=53%)、

全体の効果では0.33(95%CI:-0.31~0.96、p=0.32、I2乗=94%)、

QOLでは-0.37(95%CI:-0.78~0.04、p=0.08、I2乗=55%)。

この領域の対象とした問題に関するサブグループ解析では、専門的な精神療法の構成要素のない対照治療と比較した場合には、LTPPの方が有意に良好であることが示されたが、様々な専門的な精神療法による対照治療と比較した場合には示されなかった。

探索的なメタ回帰により、介入群と対照群での治療強度の違い(面接回数の比[session ratio])と効果量に関連性のあることが示唆された。

以上のことから、様々な精神障害の回復率は、LTPPまたは通常治療を含めた様々な対照治療で同等であるという結論が下される。

個々の試験の効果量は、方向や大きさの点で大幅に異なっていた。

これまでのレビューとは対照的に、LTPPの効果は限られたもので、よくても矛盾が見られるというエビデンスが認められた。

要点

◆長期の精神分析的精神療法(LTPP)の効果に関しては議論の余地がある。

◆最近の2件のメタ解析では、LTPPの効果が実証されたと報告されている。

◆今回のメタ解析では、回復率はLTPPと対照治療で同等だった。

◆本研究では、LTPPの効果は限られたもので、矛盾が認められるというエビデンスが見いだされた。


Posted on 2015/01/23 Fri. 00:16 [edit]

category: 精神分析の効果

tag: 精神療法  精神分析  メタ解析  治療効果 
tb: 0   cm: 0

長期の精神力動的精神療法は複雑な精神障害の治療に効果あり:メタ解析の結果から  

JAMA誌(2008年10月)から

長期の精神力動的精神療法の効果:メタ解析

Effectiveness of long-term psychodynamic psychotherapy: a meta-analysis

Leichsenring F, Rabung S.

JAMA. 2008 Oct 1;300(13):1551-65.

原文はこちら


背景:

精神医学での長期の精神力動的精神療法(LTPP)の位置づけに関しては議論の余地がある。

LTPPに関する説得力のあるアウトカム研究が不足している。

目的:

本研究では、メタ解析を用いて、特に複雑な精神障害(complex mental disorders)、例えば、パーソナリティ障害、慢性精神障害、複数の精神障害(multiple mental disorders)、抑うつおよび不安障害の複合(すなわち慢性の経過および/または複数の精神障害を伴うもの)において、LTPPの効果を検討することを目的とした。

データ・ソース:

1960年1月1日~2008年5月31日までに発表されたLTPPの試験を、MEDLINE、PsycINFO、Current Contentsを用いて、コンピュータ処理による検索によって同定した。また、この分野の専門家と連絡をとることで補足した。

試験の選択:

最低でも1年間継続するか、面接回数が50回以上の個人を対象とした精神力動的精神療法を用いて、プロスペクティブな試験デザインで実施され、信頼性が高いアウトカムが報告された試験のみを対象とした。

無作為比較試験(RCT)と観察研究を検討の対象とした。

計1053例の患者を対象とした23件の試験が選択された(11件のRCTと12件の観察研究)。

データ抽出:

試験の特徴と治療アウトカムに関する情報は、2名の独立した評価者が抽出した。

効果量は、全体の効果、治療の対象とした問題、全般的な精神医学的症状、パーソナリティ機能、社会的機能に関して算出した。

アウトカムの安定性を検討するために、効果量は、治療終了と追跡評価の2つの時点で別々に算出した。

結果:

対照試験の比較分析を行ったところ、LTPPは、全体の効果、治療の対象とした問題、パーソナリティ機能において短期の精神療法よりもアウトカムが有意に良好だった。

全体の効果では、群間の効果量が1.8(95%信頼区間:0.7~3.4)であった。これは、LTPPによる治療後、複雑な精神障害患者は、平均すると対照群の患者の96%よりもアウトカムが良好であったことを示すものである(P=0.002)。

サブグループ解析を行ったところ、LTPPでは、多様で特に複雑な精神障害全体で、有意かつ大きく、安定した群内の効果量が得られた(範囲:0.78~1.98)。

結論:

LTPPは複雑な精神障害の効果的な治療法であるというエビデンスが認められた。

さらなる研究では、特定の精神障害におけるLTPPのアウトカムについて検討し、また費用効果分析を含める必要がある。


Posted on 2015/01/22 Thu. 23:15 [edit]

category: 精神分析の効果

tag: 精神療法  精神分析  メタ解析  治療効果 
tb: 0   cm: 0

性的虐待を受けた小児と青年に対する精神分析療法は有効か?  

Campbell Libraryの系統的レビューの結果から(2013年11月4日発表)

性的虐待を受けた小児と青年に対する精神分析的/精神力動的心理療法:系統的レビュー

Psychoanalytic/Psychodynamic Psychotherapy for Children and Adolescents Who Have Been Sexually Abused: A Systematic Review

Ben Parker, William Turner

原文はこちら


背景:

小児と青年に対する性的虐待は、世界的に深刻な問題であり、被害者に心理的、社会的、身体的に好ましくない影響をもたらす。

こういった影響は、性的虐待の直後に認められる場合が多いが、後年、成人期になってから現れる場合もある。

性的虐待を受けた小児と青年を援助するための介入は数多くあるが、精神分析的/精神力動的心理療法が長年にわたって慣習的に性的虐待の被害者に対して行われてきた。

本レビューでは、精神分析的/精神力動的心理療法が、特に性的虐待を受けた小児と青年に有効であるというエビデンスを見いだすことを目的とした。

目的:

性的虐待を受けた小児と青年に対する精神分析的/精神力動的心理療法の有効性の評価。

検索方法:

2013年5月に以下のデータベースを検索した。
CENTRAL、Ovid MEDLINE、Embase、PsycINFO、CINAHL、Sociological Abstracts、Social Science Citation Index、Conference Proceedings Citation Index - Social Science and Humanities、LILACS、WorldCat。

また、3つの試験登録を検索し、関連する研究論文の参考文献リストを確認、著名な専門家と連絡をとった。

選択基準:

介入前のいかなる時期でも性的虐待を受けたことのある18歳までの小児と青年を対象に、精神分析的/精神力動的心理療法と通常治療または無治療/待機リストの対照群と比較した無作為化試験および準無作為化試験。

データ収集と解析:

レビュー担当者(Ben ParkerとWilliam Turner)が独立して検索結果を審査し、適格基準に合致した研究を同定した。

結果:

本レビューの選択基準を満たした研究は同定されなかった。

著者らの結論:

性的虐待を受けた小児と青年を対象に、精神分析的/精神力動的心理療法と通常治療、無治療または待機リストの対照群と比較した無作為化試験および準無作為化試験はなかった。

それゆえ、この集団における精神分析的/精神力動的心理療法の有効性に関しては、どのような結論も導き出すことはできない。

この欠落は重大である。またこの欠落は、この集団における精神分析的/精神力動的心理療法の有効性に関して、さらに研究を行う必要性を強調するものである。

このような研究は、理想的には、方法論的に質の高い、大規模な無作為化比較試験の形式で行われるべきである。

このような研究が実施されない場合、このテーマに関する将来の系統的レビューでは、重要な研究を見落すのを避けるために、無作為化比較試験以外のより質の低いエビデンスを含めることを検討する必要が出てくるだろう。

Posted on 2014/02/12 Wed. 16:51 [edit]

category: Campbell Library

tag: 性的虐待  精神分析  小児  青年 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。