スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

心血管疾患のリスクマネジメントにはリスク認知、動機づけ、態度などの要因が影響を与える  

Health Psychology誌(2015年3月)から

一般開業医と患者は心血管疾患のリスクについて、どのように判断しているのか?

How do general practitioners and patients make decisions about cardiovascular disease risk?

Bonner C, et al.

Health Psychology, Vol 34(3), Mar 2015, 253-261.

原文はこちら

目的:

世界各国の現行のガイドラインでは、心血管疾患(CVD)のリスクを生活習慣または薬物治療で管理すべきかどうかを決定する際に、絶対リスク(AR)の閾値を用いることを推奨しているが、臨床診療ではARはあまり用いられていない。

本研究の目的は、CVDのリスクマネジメントに対する一般開業医(GP)と患者の意思決定に影響を及ぼす因子について(例えばリスク認知の役割など)調査することであった。

方法:

25人のGPと38例の患者に対する半構造化面接を行う質的な記述的研究を2011~2012年にオーストラリアで実施した。

文字に起こした音声記録を主題に関してコード化し、フレームワーク分析(framework analysis)法を用いた。

結果:

GPがARの閾値について言及することはほとんどなかった。GPは、患者のリスクと動機づけに対するGP自身の主観的な認知、薬物治療の副作用に対する懸念や生活習慣を変えることによる有効性など予防に対するGP自身の態度に影響を受けていた。

患者は、個々のリスク因子、生活習慣を変えることに対する患者自身の動機づけ、薬物治療に対する態度によって影響を受けていた(薬物治療に対する患者の態度は、最初は否定的であったが、薬物治療が生活習慣の変更よりも効果的な場合は態度が肯定的になっていった)。

リスクが高いと認知していることは、GPが推奨し、患者も受容できる薬物治療の開始につながるが、これは必ずしもARに基づいたものではなかった。

また、患者がリスクが高いと認知していることは、特に患者が薬物治療を受けるという提案に対して抵抗感を抱いている場合には、生活習慣を変える動機づけを高めていた。

結論:

本研究では、リスク認知、動機づけ、態度が、ARの閾値よりも重要であることが明らかとなった。

CVDのリスクマネジメントのガイドラインは、根拠に基づいた推奨だけでなく、GPが患者のリスク認知、動機づけ、態度を考慮する助けとなるような戦略が含まれていた場合により有用となる可能性がある。


スポンサーサイト

Posted on 2015/03/17 Tue. 20:12 [edit]

category: 2015年3月号_Health Psychology誌

tag: 疾患リスク  動機づけ  リスク認知 
tb: 0   cm: 0

敵意により消化性潰瘍のリスクが上昇:フランスのプロスペクティブ研究から  

Health Psychology誌(2015年2月)から

GAZELコホートにおける敵意と消化性潰瘍のリスク

Hostility and the risk of peptic ulcer in the GAZEL cohort.

Lemogne C, et al.

Health Psychology, Vol 34(2), Feb 2015, 181-185

原文はこちら

目的:

敵意と消化性潰瘍の関連に関するエビデンスは、主に横断的研究によって得られたものである。

プロスペクティブ研究はほとんどなく、敵意の測定も妥当性が検証された評価尺度が用いられていない。

本プロスペクティブ研究では、大規模なフランスのGAZELコホートで、敵意と消化性潰瘍との関連を検討することを目的とした。

方法:

1993年に、14,674人の被験者を対象に、Buss and Durkee Hostility Inventoryを用いた調査を実施した。

1994年~2011年まで年1回、被験者を追跡した。

消化性潰瘍の診断は自己報告とした。

敵意スコアと潰瘍発生率との関連は、Cox回帰で算出したハザード比(HR)と95%信頼区間(95%CI)で評価した。

結果:

平均16.8年の追跡期間中に、ベースライン時に消化性潰瘍の既往歴のない13,539名のうち816名が消化性潰瘍を報告した。

喫煙、職業的な地位、非ステロイド性抗炎症薬曝露の代理的指標などの潜在的な交絡因子を補正したところ、潰瘍発生率と敵意の総スコアとの間に正の関連性が認められた(HR per SD:1.23、95%CI:1.14~1.31)。

また、総スコア以外に潰瘍発生率との関連が認められたのは、行動的敵意(HR per SD:1.13、95%CI:1.05~1.21)、認知的敵意(HR per SD:1.26、95%CI:1.18~1.35)、イライラ感(HR per SD:1.20、95%CI:1.12~1.29)であった。

敵意の全スコアにおいて、最低四分位から最高四分位にかけて消化性潰瘍のリスクが上昇していた(p for linear trend<0.05)。

結論:

敵意は消化性潰瘍のリスク上昇と関連する可能性がある。

今回の結果は追試されるべきであり、今後の研究では、基礎的なメカニズムを明らかにする必要があるだろう。

Posted on 2015/02/21 Sat. 22:19 [edit]

category: 2015年2月号_Health Psychology誌

tag: 敵意  疾患リスク 
tb: 0   cm: 0

容姿に対する否定的な評価が皮膚癌のリスクを高める:米国の研究から  

Health Psychology誌(2015年1月)から

アメリカ人男女では、容姿に対する否定的な評価が皮膚癌のリスク行動と関連

Negative appearance evaluation is associated with skin cancer risk behaviors among American men and women.

Blashill AJ, et al.

Health Psychology, Vol 34(1), Jan 2015, 93-96.

原文はこちら

目的:

本研究では、男女の被験者を対象に、容姿に対する評価と皮膚癌のリスク行動との関連を検討することを目的とした。

方法:

1,535名(男性:873名、女性:662名)のデータを、米国の青年と若年成人の全国的な代表的かつ縦断的なデータセットであるWave 4 of the National Longitudinal Study of Adolescent Healthから抽出した。

結果:

皮膚癌のリスク(すなわち、重度の日焼けの経験がある個人および日焼け止めを用いる傾向が低い個人の屋外で過ごす時間)は、性別、容姿に対する評価およびこの2つの相互作用と有意に関連していた。

男女ともに、自分の容姿を否定的に評価している個人では、皮膚癌のリスクが有意に高く、この結果は特に男性にあてはまった。

結論:

容姿に対する否定的な評価は、皮膚癌の発症リスクを高める行動と関連すると思われる。

今後の研究では、容姿に基づく評価に正面から対処する皮膚癌の予防的介入を検討することが有益であろう。

Posted on 2015/02/17 Tue. 18:27 [edit]

category: 2015年1月号_Health Psychology誌

tag:   疾患リスク 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。