スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

認知機能と生活習慣の関連における年齢差  

Health Psychology誌(2015年1月)から

顔記憶と身体活動、社会認知的関与、TV視聴の関連における年齢差

Age differences in the association of physical activity, sociocognitive engagement, and TV viewing on face memory.

Heisz JJ, et al.

Health Psychology, Vol 34(1), Jan 2015, 83-88.

原文はこちら

目的:

身体的および社会認知的な生活習慣における活動性の高さは、高齢者では認知機能を促進する。

若年成人では、この生活習慣における活動性と認知機能の関連についてはほとんど分かっていない。

日常的な活動に重要な認知機能の1つはエピソード記憶である。

本研究では、若年成人と高齢者において、生活習慣における活動性とエピソード記憶の関係を検討した。

方法:

参加者は、62名の若年成人(平均年齢=24歳)と高齢者(平均年齢=74歳)であった。

Victoria Longitudinal Study Activities Questionnaire増補版を用いて、身体活動、社会認知的活動、TV視聴への関与度を定量化した。

エピソード記憶は、若者と高齢者の顔の記憶を検査する老-若の顔面認識パラダイムを用いて評価した。

結果:

若年成人と比較すると、高齢者は、身体的および社会認知的な活動性が低いと報告した。また、TV視聴などの受動的な行動が多かった。

若年成人では、身体活動とエピソード記憶の間に正の関連が認められたが、高齢者では見られなかった。

興味深いことに、高齢者ではTV視聴とエピソード記憶の間に負の関連が認められたが、若年成人では認められなかった。

若年成人でも高齢者でも、社会認知的活動とエピソード記憶の間に関連は見られなかった。

高齢者ではown-age effectが認められたが、顔の年齢と生活習慣における活動性に相互作用は見られなかった。

結論:

身体活動による肯定的な認知面のベネフィットは、若年成人でも認められた。

しかし、身体活動と認知との相互作用は、年代によって異なると思われる。

さらに、TV視聴は、高齢期では認知能力に特に不利益をもたらすと思われる。

スポンサーサイト

Posted on 2015/02/16 Mon. 22:56 [edit]

category: 2015年1月号_Health Psychology誌

tag: 身体活動  認知機能  生活習慣 
tb: 0   cm: 0

小児ではストレスが不健康な生活習慣の原因に  

Health Psychology誌(2015年1月)から

小児のストレスと生活習慣の長期的な関連

Longitudinal association between child stress and lifestyle

Michels N, et al.

Health Psychology, Vol 34(1), Jan 2015, 40-50.

原文はこちら


目的:
心理社会的ストレスは不健康な生活習慣と関連しているが、その関連の方向性に関しては不明なままである。

ストレスが、睡眠障害、やけ食い、身体活動の低下を引き起こすのだろうか? それとも、こういった不健康な生活習慣という要因がストレスを高めるのだろうか?

本研究では、小児を対象として、ストレスと生活習慣の関連を双方向で検討した。

方法:

5~12歳のベルギーの小児312名を対象として、ストレスと生活習慣の関連を2年間にわたって検討した。

本研究は、Children's Body Composition and Stress研究の一環として実施された。

ストレスに関連する側面は、ネガティブな出来事、ネガティブな情動、行動上の問題に関する質問票で測定した。

生活習慣の要因については以下の点を評価した。身体活動(加速度計により測定)、睡眠時間、食事(甘い食物、脂肪過多の食物、スナック、フルーツと野菜)、摂食行動(情動的摂食、外発的摂食、抑制的摂食)。

関連の双方向性に関してはcross-lagged analysisで検討した。

結果:

いくつかのストレスの側面が、身体活動、甘い食物の摂取、情動的摂食、抑制的摂食、外発的摂食を増加させていた(β=0.140~0.319)。

すべての関連は性別と年齢によって調整されていた。食事の影響は、主に最も年齢の高い小児と女児で認められた。

ストレスは、最も年齢の低い小児では身体活動を増加させていたが、最も年齢の高い小児では、身体活動を低下させている傾向が見られた。

逆方向の影響が認められたのは1つのみで、不健康な摂食行動が不安感情を高めていた。

結論:

関連は主に一方向性であり、ストレスが小児の生活習慣に影響を与えていた。

ストレスは、空腹感とは無関係の摂食を引き起こし、これが過体重を促進する可能性がある。

したがって、ストレスが小児の食生活に影響を与える可能性があること、そして問題を解決するコーピング・スキルを習得する必要があることを保護者は認識すべきである。

最近の報告とは対照的に、最も年齢の低い小児では、ストレスが身体活動を促進している可能性がある。これはポジティブなストレス・コーピング・スタイルと考えられる。

Posted on 2015/01/28 Wed. 21:00 [edit]

category: 2015年1月号_Health Psychology誌

tag: 小児  ストレス  生活習慣 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。