スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

敵意により消化性潰瘍のリスクが上昇:フランスのプロスペクティブ研究から  

Health Psychology誌(2015年2月)から

GAZELコホートにおける敵意と消化性潰瘍のリスク

Hostility and the risk of peptic ulcer in the GAZEL cohort.

Lemogne C, et al.

Health Psychology, Vol 34(2), Feb 2015, 181-185

原文はこちら

目的:

敵意と消化性潰瘍の関連に関するエビデンスは、主に横断的研究によって得られたものである。

プロスペクティブ研究はほとんどなく、敵意の測定も妥当性が検証された評価尺度が用いられていない。

本プロスペクティブ研究では、大規模なフランスのGAZELコホートで、敵意と消化性潰瘍との関連を検討することを目的とした。

方法:

1993年に、14,674人の被験者を対象に、Buss and Durkee Hostility Inventoryを用いた調査を実施した。

1994年~2011年まで年1回、被験者を追跡した。

消化性潰瘍の診断は自己報告とした。

敵意スコアと潰瘍発生率との関連は、Cox回帰で算出したハザード比(HR)と95%信頼区間(95%CI)で評価した。

結果:

平均16.8年の追跡期間中に、ベースライン時に消化性潰瘍の既往歴のない13,539名のうち816名が消化性潰瘍を報告した。

喫煙、職業的な地位、非ステロイド性抗炎症薬曝露の代理的指標などの潜在的な交絡因子を補正したところ、潰瘍発生率と敵意の総スコアとの間に正の関連性が認められた(HR per SD:1.23、95%CI:1.14~1.31)。

また、総スコア以外に潰瘍発生率との関連が認められたのは、行動的敵意(HR per SD:1.13、95%CI:1.05~1.21)、認知的敵意(HR per SD:1.26、95%CI:1.18~1.35)、イライラ感(HR per SD:1.20、95%CI:1.12~1.29)であった。

敵意の全スコアにおいて、最低四分位から最高四分位にかけて消化性潰瘍のリスクが上昇していた(p for linear trend<0.05)。

結論:

敵意は消化性潰瘍のリスク上昇と関連する可能性がある。

今回の結果は追試されるべきであり、今後の研究では、基礎的なメカニズムを明らかにする必要があるだろう。

スポンサーサイト

Posted on 2015/02/21 Sat. 22:19 [edit]

category: 2015年2月号_Health Psychology誌

tag: 敵意  疾患リスク 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。