スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

患者の怒りは身体的苦痛と関連し、医療提供者の支持的なサポートにより軽減される可能性がある  

Health Psychology誌(2015年3月)から

怒り、医療提供者の対応、苦痛の関連:幹細胞移植患者を対象としたプロスペクティブな分析。

Anger, provider responses, and pain: Prospective analysis of stem cell transplant patients.

Gerhart JI, et al.

Health Psychology, Vol 34(3), Mar 2015, 197-206.

原文はこちら

目的:

患者の怒りは、医療提供者にとっては対応が難しく、患者-医療提供者の関係を損なう可能性がある。

しかし、患者の怒り、医療提供者との関係、医学的転帰の関連に関しては、症例報告や横断的研究の報告があるのみである。

本研究では、幹細胞移植(SCT)患者の標本を対象にしたプロスペクティブな研究により、患者の怒り、患者の認知による医療提供者の肯定的なサポートおよび医療提供者とのネガティブな相互作用の3者の関係を検討した。

方法:

プロスペクティブなデザインで、88例のSCT患者を対象に、患者の怒り、患者の認知による医療提供者からの肯定的なサポートおよび医療提供者とのネガティブな相互作用について調査した。

SCT前の入院時と追跡期間の1、2、3ヵ月にデータを収集した。

反復測定混合モデルで測定変数間の関係について評価した。

結果:

患者の怒りは、肯定的なサポートを受けているという患者の認知の段階的な低下、医療提供者との相互作用がネガティブであるという患者の認知の高さと関連していた。

さらに有意な遅延関係が認められた。つまり、患者の怒りは、1ヵ月後の医療提供者との相互作用がネガティブであるという患者の認知の上昇と関連していた。

予備的な分析により、医療提供者との相互作用がネガティブであるという患者の認知は、身体的苦痛の強さとも関連していることが明らかにされた。

患者の肯定的なサポートの認知は、患者の怒りと身体的苦痛との関係を弱めていた。患者が医療提供者のサポートを受けているという認知が高かった場合、怒りと身体的苦痛に有意な関連は認められなかった。

結論:

患者の怒りは、患者-医療提供者の関係を悪化させる一因となり、身体的苦痛を含むネガティブな医学的転帰に関与する可能性がある。

患者の怒りと身体的苦痛との関係は、医療提供者による支持的なサポートによって低減される可能性がある。


スポンサーサイト

Posted on 2015/02/23 Mon. 18:40 [edit]

category: 2015年3月号_Health Psychology誌

tag: 感情  怒り  支持的なサポート  身体的苦痛 
tb: 0   cm: 0

股関節を骨折した高齢者の感情体験と身体機能の関連  

Health Psychology誌(2015年1月)から

股関節骨折からの短期の感情的な回復は抑うつと身体機能をプロスペクティブに予測

Short-term affective recovery from hip fracture prospectively predicts depression and physical functioning.

Langer JK, et al.

Health Psychology, Vol 34(1), Jan 2015, 30-39.

原文はこちら


目的:

本研究の目的は、股関節骨折後、数週間から数ヵ月にわたる平均的な感情体験を明らかにし、これらの体験が経時的に身体的および精神的健康の機能とどのように関連するかを評価することであった。

方法:

股関節骨折の手術後に募集した高齢者の標本(500例)と股関節を骨折していない対照群の高齢者(102例)で、ポジティブおよびネガティブな感情を1年間にわたり縦断的に評価した。

結果:

股関節を骨折した高齢者のほとんどで、ポジティブな感情は経時的に上昇し、ネガティブな感情は経時的に低下する傾向が見られた。このことから、ほとんどの高齢者は少なくともある程度は感情的に回復することが示唆される。

さらに、ネガティブな感情の低下が緩慢な高齢者ほど1年後の抑うつのレベルが高く、ポジティブな感情の上昇が顕著だった高齢者ほど1年後の身体機能が良好だった。

結論:

本研究により、股関節骨折から回復する最初の12週間のポジティブおよびネガティブな感情が、その後1年間の心理的および身体的な回復を最大化する介入の目標となり得るというエビデンスが示された。

Posted on 2015/01/26 Mon. 12:02 [edit]

category: 2015年1月号_Health Psychology誌

tag: 感情  うつ  身体機能 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。