スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

妊娠前の肥満と妊娠中の体重増加、抑うつ症状の関連  

Health Psychology誌(2015年3月)から

ヒスパニック系集団における妊娠前のBMIと妊娠期の体重増加、抑うつ症状スコアの上昇

Prepregnancy body mass index, gestational weight gain, and elevated depressive symptoms in a Hispanic cohort.

Ertel KA, et al.

Health Psychology, Vol 34(3), Mar 2015, 274-278.

原文はこちら

目的:

本研究の目的は、妊娠前の肥満指数(BMI)と妊娠期の体重増加(GWG)、妊娠中の抑うつ症状スコアの上昇の関連について評価することであった。

方法:

西マサチューセッツのヒスパニック系(主にプエルトリコ系)の女性を対象としたプロスペクティブなコホート研究であるProyecto Buena Saludに参加した1,090人で上記のの関連性について評価した。

BMIとGWGは自己報告に基づいた。GWGは2009年の米国医学研究所のガイドラインに従って分類した。抑うつ症状は、10項目のエディンバラ産後うつ病自己評価票(EPDS)を用いて、妊娠前期、中期、後期に評価した。

EPDSスコアが13点以上および15点以上の場合に高スコアの抑うつ症状とみなした。

結果:

多変量の縦断的モデルで、正常体重の女性と比較すると、過体重(25.0~30kg/m2未満)の女性では、EPDSスコア13点以上のオッズ比は0.53(95%信頼区間[CI]:0.31~0.90)、EPDSスコア15点以上のオッズ比は0.51(95%CI:0.28~0.91)だった。

抑うつ症状の予測に、GWGとの関連またはBMIとGWGの相互作用は認められなかった。

結論:

今回の研究により、ヒスパニック系女性では、妊娠前に過体重であると妊娠中の抑うつ症状スコアが低値であるという関連を支持する予備的な結果が得られた。

周産期の体重および体重増加の認知には社会的および文化的な違いが存在する可能性がある。今後の研究では、その違いとそれが精神的健康にどのように影響を与えているかについて焦点を合わせるべきであろう。

スポンサーサイト

Posted on 2015/04/24 Fri. 19:39 [edit]

category: 2015年3月号_Health Psychology誌

tag: 肥満  うつ  妊娠 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。