スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

パーソナリティが保健行動を介して健康に影響  

Health Psychology誌(2015年1月)から

パーソナリティと死亡の主要な行動的要因。

Personality and the leading behavioral contributors of mortality.

Turiano NA, et al.

Health Psychology, Vol 34(1), Jan 2015, 51-60.

原文はこちら


目的:

パーソナリティ特性は、生涯にわたって保健行動と死亡リスクの両者を予測する。

しかし、単一の研究でこれらの影響を検討したものはほとんどない。

したがって、なぜパーソナリティが健康と長命を予測するのかを保健行動によって説明した場合、その評価には限界がある。

方法:

the Midlife in the United States Studyの成人6,000人以上から成る全国標本の14年間の死亡データを利用して、飲酒、喫煙、ウエスト周囲が、パーソナリティと死亡の関連を媒介するかどうかを検証した。

結果:

人口統計学的な変数を補正したところ、追跡期間にわたって、高レベルの誠実性が死亡リスクの13%の低下を予測していた。

構造方程式モデルによって、大量の飲酒、喫煙、より大きなウエスト周囲が誠実性と死亡の関連を有意に42%媒介するというエビデンスが示された。

結論:

本研究により、パーソナリティ(誠実性)が個人の行動に影響を与え、その行動が不適切な健康アウトカムの可能性に影響を及ぼすという保健行動モデルに対する実証的な支持が得られた。

この結果によって、比例ハザードを検証する際に、構造方程式モデリングの枠組みで媒介を評価することの有用性が明らかにされた。

健康を悪化させ、寿命を縮める行動を行うリスクのある個人を同定するために、パーソナリティ特性を用いることが可能なことを示した研究報告が増えつつあるが、本研究の結果はそのような報告を補強するものである。

スポンサーサイト

Posted on 2015/01/30 Fri. 18:24 [edit]

category: 2015年1月号_Health Psychology誌

tag: パーソナリティ  保健行動 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。